未分類

【御礼】1日50PV達成しました!人気記事を解説します

thankyou.jpeg

メディ太ブログを開設してもうすぐ1ヵ月を迎えますが、1日50PV(ページ視聴数)を超えることができました。

読者の皆様ありがとうございます!

またまだ人気ブロガーさんからすると、かなり少ないPV数ですが、マイペースに満足度の高い記事を書けるように努力していきたいと思います。

このブログでは以下の読者の方に役に立てればいいなと思いながら日々記事を書いています。

【現役MRさん】

・将来の不安に備えて支出管理や資産運用の準備をしたい

・他のMRがどんなことをしているかノウハウを知りたい

・仕事で使える知識を手軽に学びたい

【MRを志望する新卒学生さんや転職の方】

・製薬業界の情報を知りたい

・MRの仕事や実情を知りたい

・就活セミナーでは一般的な話しか聞けないので、本音を知りたい

最近は、一部の方から問い合わせをいただくこともあり、質問回答ページも新設しました。お問い合わせはメッセージやTwitterでお気軽にお問合せください。

それでは今回は、特に視聴回数の多かった5つの記事と補足情報を紹介していきます!

①医療者との随行業務で気を付けていることは?

この記事では、講演の打診~調整~当日対応までをまとめました。

企画系の仕事は関わる人が多いので、事前準備が本当に大事だと思います。

準備のコツは、自分が顧客側の目線になり、MRやメーカーにどんなことを要望したり質問するかをイメージすることです。

例)Web講演会

【想定される要望】

Webの場合は講演時間を60分→40分に短縮する

【背景】

対面講演会のように、1講演60分もPCの前で参加者が視聴するのは集中力が持たない可能性。さらに、2講演目もある場合は尚更苦痛感がある。

演者としても「まだ講演続くのか・。」と思われたくない気持ちがある。

【事前対策】

要望が発生する可能性を事前に想定し、社内調整で依頼元とどちらでも対応できるかを打ち合わせした上で、演者の以降に合わせる対応の幅を用意しておくことで、スムーズに対応が完結する。

対応を油断して手を抜くと、そこから抜け漏れが発生し、時間を取られて他の作業が進まなくなります。準備は手を抜かないようにしましょう。

私自身、大学病院を2回経験していますが、顧客の診療科・役職は関係なく基本は、教授クラスの方に対応する時の手順をベースにしておくとトラブルは回避できます。

また、打ち合わせ時には手元にWord等で資料を準備し、抜け漏れを防止するのも大事な工夫です。

②新人MRの仕事がうまくいく考え方は?

新人MRさんから実際に質問をいただいたことをきっかけにした記事です。

「考え方」として以下の5つを取り上げて解説しました。

新人MRさん向けに書きましたが、新人さんを指導役とする先輩MRの方にも参考になれば嬉しいです。

新人MRさんに知って欲しい考え方

●失敗を恐れない

●質問できる勇気を持つ

●人とのつながりを大切にする

●同期と比較しない

●守破離

なぜここで考え方に触れたかと言うと、新人の時期に培った考え方がその後の社会人生活に大きく影響するからです。

どんなにスキルや知識が優秀でも、考え方に歪みがあると、短期的に結果を出せても環境が変わると苦戦したり、MRとして優秀でも管理職では平均以下の成果しか出せないという壁にぶつかると思います。

稲盛和夫さんの有名な「人生の方程式」をご紹介します。

「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」

そして、特にこの中でも「考え方」の要素は特に重要だと述べられています。

https://meditabrog.com/5waysofthinking/

③年50~70万円削減!家計見直し項目を総まとめ!

家計管理を全くせずに、月の収入に対して支出が若干上回り、ボーナスでなんとか息を吹き返すという生活から脱却できたメディ太自身の経験をベースにした記事です。

実際に年間約55万ほど削減に成功し、固定費を徹底して下げたので今では月10万円以上が貯蓄と投資資金に回せています。

これを聞くと、こんな質問をよく受けます。

読者さん
読者さん
生活を切り詰めてストレス増えない?

そこまでストレス過多にはならないですよ。

なぜなら、基本的に削減しているのは保険・携帯・電気・カード・年会費などの、生活に必要だけど無駄がでやすい部分を見直しているからです。

生活費は月に一定金額内で使用するように妻に依頼していますので、一定金額内で調整するストレスは0ではありませんが、お互いに話し合って無理のない範囲で設定した金額で依頼していますので、何でも我慢する生活という訳ではありません。

ただし、結婚している方は家計見直しはパートナーとの相談・理解が必要不可欠になります。私も妻の協力がなければ今の状況は作れていませんでしたので、必ず話し合いの時間は作るようにしましょう。

④難病医療費助成制度のポイントを現役MRが解説します

意外でしたが、難病医療費助成制度のポイント解説記事です。

新薬や適応拡大で指定難病の薬剤を扱う機会のあるMRさんは増えてきており、必要な知識になってきています。

さらに、高額療養費制度とは異なり少し認知度も低い制度になるため、意外と医師は制度の詳細を把握しておらずMRに問い合わせをするというシチュエーションもあります。

制度に関しては定期的に変更されますので、今後も随時更新していきます。

医療費助成制度はまとめ記事にも記載していますので是非合わせてご覧ください。

⑤信頼されるMRとは?実例を基に考える

「人の振り見て我が振り直せ」をコンセプトに、MRの信頼をテーマにした実例記事です。

目先の処方獲得と、中長期的視点のバランスは日々悩む問題です。

ただ、今回だけは仕方がないからと1回を許容すると、地雷を踏むまで結局は行為を続けてしまうことになる可能性があるため、綺麗ごとのように聞こえるかもしれませんが「本質」を大事にしていく方が良いと私は思います。

今後もこのページの視聴が多いようであれば、事例シリーズとして作成してみます。

まとめ

本日は、御礼と人気記事に関して補足情報を解説しました。

「メディ太って誰だよ」と思われた方もいると思いますが、その中で記事を読んでいただきありがとうございます。

この記事を通じて、知らない間にどこかで役に立てていると嬉しいです。

そのために、正確な情報を調査してできる限りわかりやすい記事を今後も書いていきたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願いします。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

是非、Twitterのフォローやブログのお気に入り登録をよろしくお願いします。

もし今回の記事を「いいね!」を思っていただけた方は、ポチっとクリックして投票(応援)してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村