貯蓄UPの知識

【ドコモホーム5G 口コミ】徹底比較!人気ホームルーター3つの評判と乗り換え評価

自宅のWifiを「工事不要のホームルーター」で検討中の方は必見です!

5G対応ホームルーターで人気の3ブランド「ドコモhome5G、WiMAX、ソフトバンクAir」を比較表でわかりやすく解説します。

こんな疑問をお持ちの方向けの記事です。

読者の方
読者の方
ドコモhome5G、WiMAX、ソフトバンクAirの違いは何?
読者の方
読者の方
ドコモhome5Gは実際に使ってみるとどれくらいの通信速度なの?
筆者(メディ太)
筆者(メディ太)

私は、ソフトバンクAirからドコモhome5Gに乗り換えました!

ドコモhome5Gは、今ならGMOとくとくBBから申込するとアマゾンギフト券18,000円分がキャッシュバックされてお得ですよ。

GMOとくとくBBドコモホーム5Gキャッシュバック

ドコモhome5G は、高品質なドコモの4G回線と5G回線がデータ容量無制限に使えるので、一般的な動画閲覧やスマホ利用のみの方におすすめです。

GMOとくとくBBのドコモhome5G

この記事の要約

●ホームルーターは工事不要で手軽に使える点がメリット

●通信速度は固定回線よりもホームルーターの方が劣る傾向あり

●ホームルーターの中ではドコモhome5Gのスペックが高いのでおすすめ

●ドコモhome5Gは”とくとくBB”から申込むとアマゾンギフト券18,000円分がもらえるのでお得

【ホームルーター比較表①】固定回線・モバイルWiFiとの違い

ホームルーターとは、モバイル回線用のルーターを使ってインターネットにつなぐサービスです。

工事不要で、コンセントに接続すればインターネットが使える利便性が人気です。

筆者(メディ太)
筆者(メディ太)

ホームルーターは、固定回線より通信速度がやや劣ります。

しかし、5G対応のホームルーターが登場したことで通信環境が向上しています。

特徴を以下にまとめてみました。

ホームルーター固定回線モバイルWiFi
通信環境建物の構造や
電波状況に左右される
高速で安定的建物の構造や
電波状況に左右される
時間帯別平均速度変動がやや大きい変動が小さい変動が大きい
速度制限実質無制限
(制限が出る可能性あり)
無制限制限あり
回線工事不要必要不要
料金4,000~5,000円4,000~6,000円3,000円~5,000円
持ち運び不可不可可能
おすすめの人・回線工事ができない
・SNSやYouTube視聴がメイン
・ネット速度は標準でOK
・オンラインゲームをする
・WEB会議をする
・快適なネット回線が欲しい
・外出先でWifiを繋ぎたい
・料金を安くしたい
読者の方
読者の方
どうしてホームルーターは固定回線よりも通信速度が劣るの?
筆者(メディ太)
筆者(メディ太)

家でWifiを出すまでの接続方法が異なるからです。

ホームルーターやモバイルWifiは、基地局から電波でインターネットを受信するので、電波干渉やコンクリート壁の影響を受けます。

一方で、固定回線はケーブルを部屋まで直接引き込むので、遮蔽物などの影響が少ない分、安定しやすいのです。

【ホームルーター比較表②】ドコモ・WiMAX・ソフトバンクの性能

ホームルーターの代表的な製品としてドコモhome5GWiMAXソフトバンクAirの3つがあります。

筆者(メディ太)
筆者(メディ太)

平均速度やPingの数値が、実際に利用する際には参考になります。

トータルバランスでは、ドコモhome 5Gのスペックが魅力的です。

3つのスペックを比較してみました。

ドコモhome5G
(docomo)
Speed Wi-Fi HOME5G L11
(WiMAX)
Airターミナル5G
(ソフトバンク)
最大通信速度
(下り)
4.2Gbps2.7Gbps2.1Gbps
最大通信速度
(上り)
1.7Gbps183Mbps非公表
平均速度
(下り)
199.03Mbps99.45Mbps90.13Mbps
平均速度
(上り)
20.67Mbps15.01Mbps8.42Mbps
平均Ping値52.15ms51.94ms40.78ms
WiFiの最大速度1201Mbps1201Mbps1201Mbps
同時接続台数
(無線LAN)
65台30台128台
対応ネットワーク5G、4GLTE5G、4GLTE、WiMAX 2+5G、4GLTE
データ通信量無制限3日で15GB(プラスエリアモード)
無制限(スタンダードモード)
無制限
月額費用4,950円3,800~4,950円4,180~5,368円
サイズ(mm)約170×95×95約101×179×99約225×103×103
重量720g599g1,086g
引用:各社ホームページ、みんなのネット回線速度2022年6月(平均速度・平均Ping値)

データ通信量無制限となっていますが、一定期間内に大量のデータ通信を利用した場合、混雑する時間帯の通信速度制限を実施する可能性があると記載されています。(各社同じ対応)

通信速度を確認する上で押さえておくべきポイントは以下の4項目です。

  • 上りの速度⇒手元のデータをアップロードする速さ(SNSや動画の投稿など)
  • 下りの速度⇒データをダウンロードする速さ。(Web閲覧、動画視聴など)
  • Ping⇒レスポンスの速度(通信相手とのタイムラグ)
  • 平均速度⇒実際に使用した時の平均的な通信速度
読者の方
読者の方
速度の数値はどれくらいが良い・悪いの目安になるかわからないです。
筆者(メディ太)
筆者(メディ太)

なかなか感覚的にわかりにくいですよね。

そこで、参考数値をまとめてみました!

こちらは通信速度の上り(アップロード)と下り(ダウンロード)の参考値です。

用途必要な通信速度(参考値)
メッセージの投稿・送信1Mbps(上り)
写真の投稿・送信3Mbps(上り)
動画の投稿・送信10Mbps(上り)
メッセージの受信128Kbps〜1Mbps(下り)
WebサイトやSNSの閲覧1Mbps〜10Mbps(下り)
動画視聴(YouTube等)3Mbps〜25Mbps(下り)
オンラインゲーム30Mbps〜100Mbps(下り)
筆者(メディ太)
筆者(メディ太)

どうしてもホームルーターでオンラインゲームをしたい人は、ドコモ5Gエリア内であれば許容できそうです。

実際に、私の子供はドコモhome5Gでフォートナイトを毎日プレイしていますよ。

次に、Ping値(レスポンス速度)の参考値です。

体感の評価Ping値
かなり速い15ms以下
速い16ms〜35ms
標準36ms〜50ms
遅い51ms〜100ms
かなり遅い101ms以上

 SNSやWebサイトの閲覧など一般的な用途でネットを利用する人ならホームルーターで問題ないと言えるでしょう。

しかし、オンラインゲームであれば16ms〜35msは必要になるので、ホームルーターは少し物足りないかもしれません。

筆者(メディ太)
筆者(メディ太)

ホームルーターは性能上、Ping値が「標準~遅い」の範囲内です。

さらに通信環境を改善させたい場合は固定回線を検討しましょう。

改めてスペックを確認すると、高速回線のドコモ home5Gが優秀であることがわかります。

では、実際に筆者がドコモ home 5Gを使ってみた数値を次項でご紹介します。

【ドコモホーム5G 評判】筆者の自宅で通信速度レビュー

筆者はソフトバンクAir(4G)の通信環境に不満があり、ソフトバンクAirターミナル5とドコモhome5Gで迷った結果、ドコモに乗り換えました。

ドコモhome5Gは、サクサクと快適な速度でSNS・Youtubeなどが視聴できています。

工事不要のホームルーターの中では最速クラスという評判は納得です!

筆者(メディ太)
筆者(メディ太)

私の自宅は「5G圏内」での数値です。

子供がフォートナイトを毎日プレイしていますが、ラグはほぼ発生せずにできています。(ゼロではない)

ドコモhome5G速度

ちなみに、ドコモ home5Gは4G・5G回線のどちらにも対応しています。

現時点では5G対応外エリアであったとしても、4Gは対応エリア内なので利用可能ということが多いですよ。

筆者(メディ太)
筆者(メディ太)

自宅が4G⇒5Gの対象に変わった場合、ドコモhome5Gは特別な設定をしなくても5Gに切り替わってくれますよ。

みなさんのご自宅がドコモ5G圏内かをチェックしたい場合は、以下URLからご確認ください。

ドコモ5Gサービスエリアマップ

株式会社NTTドコモは、お客さまのニーズにお応えするために5Gエリア構築のスケジュールを加速し、2024年3月までに全国1,741すべての市区町村への展開および人口カバー率90%以上の実現をめざします。

引用:NTTドコモ プレスリリース

ドコモ ホーム5Gは「とくとくBB」から申込がお得!

GMOとくとくBB評判

ドコモ home5Gを契約するなら、18,000円分のAmazonギフト券がもらえる”GMOとくとくBB” がおすすめです。

GMOとくとくBBのドコモhome5G

筆者(メディ太)
筆者(メディ太)

私も、GMOとくとくBBから契約手続きを行いました!

ドコモhome5Gを販売する主要なプロバイダのキャッシュバック一覧は以下の通りです。

特典金額受取方法特典受取日契約事務手数料月額利用料
(税込)
端末価格
(税込)
端末料金
割引サービス
GMOとくとくBB18,000円Amazonギフト券4ヵ月後3,300円4,950円39,600円
(実質無料)
月1,100円の割引
(36ヶ月間有効)
ドコモ公式
(オンライン)
15,000ptdポイント2ヵ月後無料4,950円39,600円
(実質無料)
月1,100円の割引
(36ヶ月間有効)
アイ・ティー・エックス15,000円現金2ヵ月後3,300円4,950円39,600円
(実質無料)
月1,100円の割引
(36ヶ月間有効)
ドコモ公式
(店頭)
10,000ptdポイント2ヵ月後3,300円4,950円39,600円
(実質無料)
月1,100円の割引
(36ヶ月間有効)
※2022年6月作成時点

どこのプロバイダー経由でも、ドコモhome5Gの月額料金や機能は同じですのでご安心ください。

差があるのは、「キャッシュバック特典」「契約事務手数料」の2つです。

「GMOとくとくBB」についてさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

まとめ

この記事では、話題の5G対応ホームルーターのスペック比較とドコモhome5Gを使ってみた印象をご紹介しました。

この記事のまとめ

●ホームルーターは工事不要で手軽に使える点がメリット

●通信速度は固定回線よりもホームルーターの方が劣る傾向あり

●ホームルーターの中ではドコモhome5Gのスペックが高いのでおすすめ

●ドコモhome5Gは”とくとくBB”から申込むとアマゾンギフト券18,000円分がもらえるのでお得

通信速度にこだわりのある方や、持ち家の場合は固定回線の方が向いていると思います。

一方で、賃貸マンションや引っ越しの予定がある場合はホームルーターの手軽さはメリットになりますよ。

この記事の内容が参考になれば嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうざいました!

他に当ブログの人気記事をご紹介します。

保険をお得に見直す方法です。

電気代の見直し方法です。

コスパの高いふるさと納税返礼品です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村


節約・貯蓄ランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA