株式投資

【敗者のゲーム 要約】稲妻が輝く瞬間に居合わせる重要性を解説!

株式投資のバイブルとも言われている「敗者のゲーム」という書籍をご存知でしょうか。

投資家であれば1度は読む価値のある名著なので、ご存知の方は多いかもしれません(内容が少し難解という声があるのも有名です。笑)

この書籍で特に有名な言葉の1つに「稲妻が輝く瞬間に市場に居合わせなければならない」という一節があります。

これは、最大の上げ相場のタイミングを逃してはいけないので、常に市場参加しておく大切さを説いています。

インデックス投資家に必須の知識になりますので、この記事ではこの言葉について解説していきたいと思います。

この記事はこんな方におすすめです。

読者の方
読者の方
株価が好調だからどんどん攻めてみようかな。インデックスは退屈。
読者の方
読者の方
暴落が起こったら怖いな。その時は一旦売却してしまおうかな・・・。どっちがいいんだろう?

稲妻が輝く瞬間とは?

「稲妻が輝く瞬間」とは、最大の上げ相場に参加する機会のことを指しています。

書籍中には以下のように解説されています。

 

S&P500指数のデータを使って過去75年間という長期間分析した結果を見ると、この間の株式リターンの大部分は、上昇率のベスト60ヵ月間(900ヵ月という長期間のわずか7%だが)に達成されているという。

もし私たちに、これがどの月かを見分けることができれば、その利益ははかり知れない。

しかし、それはまったく不可能なのだ。私たちが知りうるのは次のような、単純で、貴重な事実である。

すなわち、もし私たちがこのベストの上昇月を逃したら、まるまる二世代という長期間にわたって蓄積される利益のほとんどを失ってしまうということだ。

引用:敗者のゲーム

つまり、株式リターンの大部分は一部の上昇相場で生み出されており、その機会を「稲妻が輝く瞬間」と表現し、その期間に市場参加することが大切だと説いています。

最近のS&P500指数を例に考えると、2020年3月のコロナショックで底値付近からの回復局面がイメージしやすいと思います。

まずは週足をみてみましょう。

2020年3月、2020年10月の下落局面からの回復が特に印象的ですね。

少し期間を長くみると、2021年8月にS&P500最高値を更新しているため、保有継続できた人の多くはプラスリターンになっているのではないでしょうか。

日足で見てみると、特に2020年11月の上昇相場が顕著でした。

ここは稲妻が輝いていると言って良いのではないでしょうか。

稲妻が輝く瞬間を逃すとリターンは減少する

ここまでで、一部の上昇相場が存在することはご理解いただけたと思いますが、まだこんな疑問が残っているのではないでしょうか?

読者の方
読者の方
本当に一部の上昇相場を逃すとリターンに大きく影響するの?

そこで、書籍中に解説されているデータをご紹介します。

1980年~2008年にベストの「何日」かを逃した場合のリターンへの影響

28年間のS&P500指数データで、間違えて最も上昇した日の前に売却した時の、株式の複利利回りに与える影響を試算した結果です。(図3-1)

28年間保有を継続している群(一番左)と比較して、わずか10~30日のベスト上昇日を逃すだけでリターンは2.5~5.6%も低下するという結果でした。

読者の方
読者の方
データ古くない?
読者の方
読者の方
私、米国ではなくて全世界株派なんだけど?

こう思った方がいると思いますので、別のデータをご紹介します。

1990年~2020年の月間株価上昇率で上位10個の「月」を逃した場合のリターンへの影響

1989年末を100として、2020年3月までの30年の期間中に月間の株価の上昇率が高かった順からわずか10個の月だけ投資をしていなかった場合の成績です。

点線をご覧いただくと、 保有継続した場合の約3分の1の上昇率にとどまっています。

引用:危機乗り越える世界株投資夫婦で4000万円目指す

ちなみに、MSCI ACWIは全世界株でベンチマーク指標によく用いられる指数です。

ここまでご紹介した通り、特定の上昇「日」「月」を逃す期間が増えるほどリターンは減少していきます。

そして、急激な「稲妻」は株価が大底圏から回復する局面に起きることが少なくないので、○○ショックで安値圏になって投げ売りする行為は避けたいところです。

投げ売りするケースで多いのが、自分のリスク許容度を超えた投資をしている場合です。

例えば、レバレッジに関して賛否の意見はありますが、もしレバレッジをかけたことで市場から撤退させられることになる人は避けた方が賢明と言えるでしょう。

(リスク許容できる方であれば、あとは個人の好みの範疇なので否定するつもりはありません。)

コツコツ継続できる投資を選択しましょう

もし稲妻が輝く瞬間を逃したら、期待リターンが得られなくなることをご理解いただけたと思います。

「稲妻」をあらかじめ正確に予見できる人はいませんので、コツコツ継続保有することが大切です。

読者の方
読者の方
上昇するタイミングを図って市場に参加すれば、もっとリターンが増えるのでは?

こう思った方がいるかもしれません。

たしかに理論上はその通りですが、一部の天才を除いて多くの人は相場の後を追って資金流入することがわかっています。<図表7>

下図をご覧いただくと、S&P500(折れ線)に対して資金流入・流出(たて棒)が遅れて動いていることが読み取れます。

よいタイミングを狙いたい気持ちは非常によくわかりますが、私たちのような一般人には逆効果になると思います。

敗者のゲームの著者であるチャールズ・エリス氏はこんな言葉を残しています。

 

長期的に見て投資家が失敗する原因の一つは、激しい下げ相場に遭遇してパニックに陥り、上記のような最大の上げ相場に参加する機会を自ら放棄してしまうことだ。この教訓は明らかである。

投資家は、「稲妻が輝く瞬間」に市場に居合わさなければならないということだ。

相場のタイミングに賭ける投資は間違っており、決して考えてはいけない。

引用:敗者のゲーム

まとめ

今回は、投資のバイブルといっても過言ではない「敗者のゲーム」から稲妻が輝く瞬間に居合わせるという一節に関して解説しました。

●最大の上げ相場である「稲妻の輝く瞬間」を逃すとリターンは大幅に減少する

●「稲妻の輝く瞬間」は大きな下落局面の底値から回復する局面でしばしば出現する

●タイミングを図る行為は逆効果になる可能性がある

●多くの人にとって重要なのは、コツコツ継続的に投資を行い、市場に参加し続けること

資産運用を10年、20年と継続していくと暴落に遭遇することは何度もあると思います。

「長期的に見て投資家が失敗する原因は暴落時にパニック売りすること」という言葉を忘れず、自分のリスク許容度に合致した投資を継続していけるとよいですね。

敗者のゲームは読む価値のある良書ですよ。


本日も最後までご覧いただきありがとうございました!

関連記事をご紹介します。

敗者のゲームの第1章で語られている、最も重要な考え方をまとめています。

投資をするなら必ず知っておくべき成功のルールです。

チャールズ・エリス氏、ウォーレン・バフェット氏の損をしないための思考を解説しています。

もし今回の記事を「いいね!」と思っていただけた方は、ポチっとクリック(応援)してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村