貯蓄UPの知識

【ポット型浄水器 比較】わかりやすい4つの浄水器比較表!選び方&ブリタ使い方を解説~BRITA評判~

ポット型浄水器

みなさんは日常で利用する水を「浄水器」でさらに快適に使ってみたいと思いませんか?

「浄水器」「ウォーターサーバー」「ペットボトル」など、水の選択肢は非常に多いですよね。

数ある中でも、コスパに優れた選択肢の1つに「ポット型浄水器」があります。

この記事では、4種類の比較表と私が購入したBRITA(ブリタ)の実物写真を使って、みなさんの好みに合う家庭用水の選択方法を解説します!

※私は2021年~ブリタユーザーです。

特にこんな疑問をお持ちの方におすすめです。

読者の方
読者の方
浄水器を検討中だけど、どれが良いかわからない。
読者の方
読者の方
ポット型浄水器のメーカー間の違いは何?ブリタは本当にいいの?

●手軽に浄水器を利用したい方は、ポット型浄水器がおすすめ!

●ポット型浄水器の中ではブリタとクリンスイが人気!

●ブリタは使いやすさとコスト面から満足度が高い!

●クリンスイは浄水機能を重視したい人に満足度が高い!

【浄水器比較表】ポット型浄水器はコスパがいい!

飲み水や料理で手軽に浄水器を使用したい方は「ポット型浄水器」がおすすめです!

一方で、浄水された水を様々な用途でたくさん使用したい方は「蛇口型浄水器」が良いです。

ポット型浄水器
(BRITA)
蛇口型浄水器ウォーター
サーバー
ペットボトル
(2L)
初期費用3,000~4,000円
(容器代)
2,200~9,000円0円0円
維持費用800~1,000円
(150L浄水カートリッジ1個)
2,200~5,000円
(2ヵ月分カートリッジ1個)
1,100円~2,000円
(12Lボトル1個)
60~90円
(1本)
その他コスト水道代 水道代電気代+サーバー代配送・輸送コスト
1Lあたり費用5~7円/L
(初期費用除く)
3~15円/L
(初期費用除く)
91~170円30~45円
月費用
(150ℓ使用想定)
800~1,000円450~2,000円13,650~25,500円4,500~6,750円
水質
(JIS基準を目安)
優~良
(JIS基準を目安)
優~良
(ミネラルウォーター)
優~良
(ミネラルウォーター)
メリット・手軽に使える
・維持費が安い
・普通~ハイグレードまで充実
・すぐ浄水された水が使える
・すぐに使える
・お湯も使える
・すぐに使える
・備蓄用にできる
デメリット・ろ過に時間が必要(約5分)
・ポットの洗浄が必要
・設置コストや手間がかかる
・メンテナンスが必要
・コストが高い
・設置場所が必要
・衛生管理が必要
・保存場所が必要
・運搬の手間がかかる

①ブリタのポット型浄水器の場合は完全にろ過完了まで約5分ですが、ろ過が先に完了した水は順次使うことが可能ですので、そこまで待機時間が苦になりません。

②蛇口型浄水器はメーカーやグレードによってかなり価格幅が広いので、ポット型と同等~高額(高品質)なものまで幅広くあります。

浄水器は「水道水」を処理した水であるのに対して、ウォーターサーバーやペットボトルは「地下水」などを処理した水になりますので、両者ではそもそも性質が異なります。

水質基準については、水道水は水道法で51項目、ミネラルウォーターは食品衛生法で原水には18項目の水質基準が定められています。

日本の水道水の安全性

日本の水道水は世界の中でも安全性の基準が厳格に定められています。

「51項目の水質基準」「26項目の水質管理目標設定項目」をクリアしているので、有害物質の含有量が0ではありませんが、そのまま日常的に飲んでも害はない水準に抑えられています。

公益財団法人日本水道協会ホームページ

それぞれがおすすめのタイプ

ポット型浄水器⇒手軽に浄水器を利用したい人。

蛇口型浄水器⇒浄水器でろ過の待ち時間が苦手な人。高性能が欲しい人

ウォーターサーバー⇒維持費が高くても、ミネラルウォーターを便利で快適に使いたい人。

ペットボトル⇒ミネラルウォーターをできる限り安く利用したい人。

読者の方
読者の方
ポット型浄水器って良さそうだな。どんな商品があるの?

こう思った方向けに、次項ではポット型浄水器の中で2大メジャーブランドをご紹介します。

読者の方
読者の方
飲料水のコストが分かったからもうこれでいいかな。

このように節約方法をお調べの方は、他の支出見直し方法も解説していますのでこちらをご覧ください。

水

【ポット型浄水器比較表】ブリタとクリンスイの特徴と両者の違い

ポット型浄水器は「ブリタ」と「クリンスイ」の2大ブランドが人気です。

低コスト&使いやすさを重視したい方は「ブリタ」、浄水能力を重視したい方は「クリンスイ」がおすすめです!

比較一覧表を作成しましたので参考にしてみてください。

ポット型浄水器
(BRITA)
ポット型浄水器
(クリンスイ)
メーカー名BRITA(ブリタ)三菱ケミカル・クリンスイ
メーカー特徴ドイツの老舗浄水器メーカー国内屈指の浄水技術メーカー
初期費用
(容器代)
2,000~5,000円2,500~6,000円
維持費用
(カートリッジ)
800~1,000円/個
(1個150L浄水)
1,500~2,000円/個
(1個168L浄水)
その他コスト水道代 水道代
1Lあたり費用5~7円/L
(初期費用除く)
9~12円/L
(初期費用除く)
浄水性能
(JIS基準12項目中11項目を除去可能)

(JIS基準12項目+2項目を除去可能)
浄水フィルター 「イオン交換樹脂」
「ヤシ殻活性炭」
「活性炭+セラミック」
「中空糸膜フィルター」
カートリッジ
交換目安
1カートリッジで150L1カートリッジで168L
ろ過流量0.16L/分 0.05L~0.10L/分
メリット・維持費が安い
・ろ過が速くて使いやすい
・高い浄水能力と除菌性能
・横置きモデルもある
デメリット・浄水能力はクリンスイに劣る
・横置きができない
・ブリタよりろ過に時間がかかる
・ブリタよりコストが高い

2つのメーカーでは長所と短所がそれぞれありますので、好みに応じて検討しましょう。

ざっくりと「おすすめのタイプ」を記載すると以下のようになります。

おすすめのタイプ

ブリタ⇒使いやすさ、コスパを優先したい人(ろ過速度が速く、設計も使い勝手が良い)

クリンスイ⇒浄水性能を優先したい人(中空糸膜フィルターがあるため性能が高い)

読者の方
読者の方
浄水性能の差がどれくらいあるのかもう少し詳しく知りたい・・。

こんな疑問に対して、次の項目で細かく比較解説します。

【ポット型浄水器比較表】ブリタとクリンスイの浄水性能の違い

具体的な浄水性能項目を「ブリタ」と「クリンスイ」のポット型浄水器で比較してみました。

浄水性能基準BRITAクリンスイ備考
①残留塩素
※JIS規格の法定表示基準物質
除去率80%除去率80%消毒用の添加物質ですが、水の味を損うといわれています。
②2-MIB(カビ臭)
※JIS規格の法定表示基準物質
除去率80%除去率80%異臭味(カビ臭)の原因物質の1つであり、墨汁臭のような臭いは水の味を損なうといわれています。
③濁り(鉄さびなど)
※JIS規格の法定表示基準物質
ろ過流量50%水の中にある微粒子等の濁りを発生させる物質です。
④総トリハロメタン
※JIS規格の法定表示基準物質
除去率80%除去率80%⑤~⑧の総称
⑤クロロホルム
※JIS規格の法定表示基準物質
除去率80%除去率80%水道水源の有機化合物と塩素が反応してできるもので、発ガン性や有害性の疑いがあるとされています。
⑥ブロモジクロロメタン
※JIS規格の法定表示基準物質
除去率80%除去率80%水道水源の有機化合物と塩素が反応してできるもので、発ガン性や有害性の疑いがあるとされています。
⑦ジブロモクロロメタン
※JIS規格の法定表示基準物質
除去率80%除去率80%水道水源の有機化合物と塩素が反応してできるもので、発ガン性や有害性の疑いがあるとされています。
⑧ブロモホルム
※JIS規格の法定表示基準物質
除去率80%除去率80%水道水源の有機化合物と塩素が反応してできるもので、発ガン性や有害性の疑いがあるとされています。
⑨CAT(農薬)
※JIS規格の法定表示基準物質
除去率80%除去率80%除草剤に広く使用されており、内分泌かく乱作用の疑いがあるといわれています。
⑩テトラクロロエチレン
※JIS規格の法定表示基準物質
除去率80%除去率80%主に工業用途に用いられますが、肝臓・腎臓障害等の影響と発ガン性の疑いがあるといわれています。
⑪トリクロロエチレン
※JIS規格の法定表示基準物質
除去率80%除去率80%金属用の脱脂洗浄剤等に使用され、肝臓・腎臓障害等の影響と発ガン性の疑いがあるといわれています。
⑫溶解性鉛
※JIS規格の法定表示基準物質
除去率80%除去率80%体内に蓄積されると貧血、消化管・神経系障害の影響があるといわれています。
⑬1,1,1-トリクロロエタン除去率80%オゾン層を破壊することがわかり、現在では原則製造禁止の成分
⑭陰イオン界面活性剤
※任意表示項目
除去率80%合成洗剤の有効成分等が溶けこむことで、水の味を損なうといわれています。
⑮ジェオスミン
※任意表示項目
除去率80%除去率80%異臭味(カビ臭)の原因の1つであり、土臭のような臭いは水の味を損なうといわれています。
⑯フェノール類
※任意表示項目
除去率80%除去率80%ガス工場、化学工場等の排水から水中に混入することがあり、塩素と反応していやな臭いとなり、水の味を損なうといわれています。
⑰ベンゼン
※任意表示項目
除去率80%除去率80%染料、合成ゴム、合成洗剤、有機顔料等の合成原料に使用され、発ガン性や有害性の疑いがある といわれています。
⑳シス-1,2-ジクロロエチレンおよび
トランス-1,2-ジクロロエチレン

※任意表示項目
除去率80%除去率80%溶剤、染料抽出、香料、ラッカー等に使用され、いやな臭いは水の味を損なうといわれています。
⑭鉄(微粒子状)除去率80%多くは水道配管(鉄管)に由来します。赤水などの原因となり、味を損なうといわれています。
⑮アルミニウム(中性)除去率80%アルミニウム系凝集剤として浄水処理に使われています。

ブリタとクリンスイの浄水能力差

下記5つの項目はクリンスイのみ除去率80%をクリアしています。

③濁り⇒水の安全性に関連する物質

⑬1,1,1-トリクロロエタン

⑭陰イオン界面活性剤⇒水の安全性に関連する物質

⑭鉄(微粒子状)⇒水の味やにおいに関連する物質

⑮アルミニウム(中性)⇒水の色が白くなる原因物質

この中で、「⑬1,1,1-トリクロロエタン」はモントリオール議定書に基づき、1996年1月以降は原則製造禁止となったことで流通していないに等しいため気にしなくてOKです!(JIS基準からも外れました。)

つまり、 「③濁り」「⑭陰イオン界面活性剤」「⑭鉄(微粒子状)」「 ⑮アルミニウム(中性) 」の4項目が違いになっており、特にJIS基準に該当する③をユーザーがどこまで重視するか次第になります。

ポット型浄水器
読者の方
読者の方
ブリタは何でJIS基準の項目をクリアするように設計してないの?

こう思う方もおられるでしょう。

私も同様の疑問を抱いたので、ブリタカスタマーセンターに問い合わせてみたところ以下の回答でした。

筆者
筆者
ブリタのポット型浄水器は、濁り・陰イオン界面活性剤・鉄・アルミニウムの4項目が他社と比べて劣っているように感じるのですが、浄水能力の見解を教えていただけませんか?
BRITAカスタマーセンター
BRITAカスタマーセンター
ご指摘はごもっともです。弊社の認識としては、もともと日本の水道水は厳格な基準をクリアしており、そこをさらに浄水するという点を考慮してJIS規格の11基準をクリアする現在の商品を販売しております。

つまり、「もともと日本の水道水は、人体に害を及ぼさない水質基準を厳格に設定している」という前提条件の中で、どこまで浄水能力をユーザーが求めるか?という感覚的な問題と解釈できる回答です。

確かに、今回の4項目は厚生労働省が定める水質基準で基準値が設定されており、しっかりと管理されています。

厚生労働省「水質基準項目と基準値(51項目)」リンク先

ですので、浄水能力に関して突き詰めたい方はポット型浄水器以外が選択肢に入ってくるので、「浄水能力と使い勝手のバランス」をどこまで許容できるか?という好みの差で選択すると良いと思います。

ちなみに私は、「日々の使い勝手を優先したい。時に浄水に要する時間は大切」と思ったのでブリタを購入しました。

次の項目からはブリタに関して実物写真付きでご紹介します。

※クリンスイが好みの方は、「クリンスイCP407」というモデルが人気ですよ!


【BRITA】ブリタのポット型浄水器とは?

BRITA(ブリタ)は1966年にドイツで誕生した浄水器メーカーで世界70ヶ国以上で販売されています

ポット型浄水器ではシェアNo.1のリーディングブランドとして有名です。

ポット型浄水器とは、ポットに専用カートリッジを装着することで、水道水を注ぐだけで「塩素」「不純物」「水アカ」などを取り除き、とても美味しい水が飲めますよ!

ブリタポット型浄水器

【BRITA】ブリタの浄水フィルター成分

浄水機能に重要なブリタのフィルターは「イオン交換樹脂」と「ヤシ殻活性炭」の混合ろ材が使用されています。

フィルターの成分

イオン交換樹脂⇒水アカや金属成分を除去し、水を軟水化する役割。

ヤシ殻活性炭⇒塩素成分を除去する。他にも不純物を除去する役割もある。

ブリタのポット型浄水器は、一般的な浄水機能を持ち合わせており、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分はろ過しない設計になっています。

ブリタポット型浄水器

実際に浄水された水を飲んでみると、不快な味やにおいの元となる塩素などが全くない「これは美味しい水!」という感想でした!

ブリタポット型浄水器

ブリタの浄水フィルターカートリッジは、1個あたり最大150ℓの水をろ過することができます。

交換の目安は、一日5.3ℓ使用すれば4週間ごとのイメージです。

もし購入検討する場合は「日本正規品」や「日本使用」と記載されている商品を選びましょう。

安価な並行輸入品のカートリッジは除去能力が落ちるという情報があります。

【ブリタ製品比較表】BRITAラインナップ一覧と性能比較

ブリタのポット型浄水器は種類が多いので、「どれにすればいいの?」と迷ってしまうことが多いです。

そこで、比較一覧表を作成しましたので参考にしてみてください。

スタイル
(人気No.1)
マレーラアルーナリクエリファンフロー
全容量2.4L2.4L3.5L2.2L1.5L8.2L
ろ過水容量1.26L1.15L1.75L1.15L1.0L4.85L
サイズ
(幅×高さ×奥行)
24.1×27.4×10.5
(cm)
25.8×25.8×10.5
(cm)
24.5×25.4×14.5
(cm)
20.2×28.4×11.0
(cm)
17.3×24.5×9.1
(cm)
21.4×30.4×22.0
(cm)
特徴LEDライトで
カートリッジの
交換をお知らせ
注入しやすい
フリップトップ
フタ付き
最もたくさん
入る大容量タイプ
小さい冷蔵庫の
ドアポケットにも
収納できる
最小・最軽量で
カラーも選べる
タンク型
浄水器
(大容量モデル)
価格帯3,500円~3,500円~2,200円~2,500円~2,200円~5,200円~
食洗機対応可能
(フタはNG)
可能
(フタはNG)
可能
(フタはNG)
可能
(フタはNG)
不可 不可
公式サイトリンク先リンク先リンク先リンク先リンク先リンク先
読者の方
読者の方
数値だけだと大きさがイメージしにくいな・・。

こう思った方向けに、私が購入した「スタイル」「リクエリ」の写真をご紹介します。

【ブリタ人気製品比較】スタイルとリクエリの違いを実物写真で比較解説!

ブリタのラインナップの中で人気No.1の「スタイル」と、冷蔵庫のドアポケットに入るサイズで人気の「リクエリ」をご紹介します。

スタイルとリクエリを使ってみた印象まとめ

●使い方⇒ほぼ同じ(水道水を注ぐ時にスタイルの方がふたの開閉はラクチン)

●浄水性能⇒同じ

●大きさ⇒2Lペットボトルとリクエリがほぼ同じ。スタイルは少し大きい

【ブリタ実物写真比較①】スタイルとリクエリの使い方

両者ほぼ同様です。

唯一違うのは、水道水を注ぐ時にスタイルはフタを取り外さずにできる点です。

ふたの取り外しはそこまで労力がかかるわけではありませんので大きな問題にはならないのでご安心ください。

ブリタポット型浄水器

【ブリタ実物写真比較②】スタイルとリクエリの浄水性能

ブリタはどの種類でも浄水性能は同じです!

理由は、浄水フィルターカートリッジが同じものを使うからです。

ろ過速度も同じですのでブリタのポット型浄水器の場合は、完全にろ過完了まで待たなくても、ろ過が先に完了した水を順次使うことが可能です。(注いでいる時も水は漏れませんよ!)

ブリタポット型浄水器

【ブリタ実物写真比較③】スタイルとリクエリの大きさ

スタイルは、2Lペットボトルよりも大きめのサイズです。

一方で、リクエリは2Lペットボトルとほぼ同じ大きさになります。(上部や取っ手は少し大きい)

ブリタポット型浄水器
読者の方
読者の方
冷蔵庫のドアポケットに入るかな?

こんな疑問が多いと思います。

スタイルの場合、冷蔵庫のドアポケット部分にギリギリ入りますが、形状によっては難しい可能性もあります。

一方でリクエリは、2Lのペットボトルが入るドアポケットの冷蔵庫なら保管可能です。

ブリタポット型浄水器

水が漏れるので、横置きはNGとなっています。


【ブリタ使い方】スタイルの使い方と注意点を実物写真解説

ここからは、人気No.1の「スタイル」を開封後~飲める状態にする使用手順をご紹介します。

【ステップ①】付属部品を取り出す

ブリタのポット型浄水器は「容器」「ファンネル(水受け)」「フタ」「カートリッジ」が基本セットです。

スタイルの場合はLEDランプでカートリッジ交換時期をお知らせする機能があるのでLEDも付いています。

ブリタポット型浄水器

【ステップ②】フタにLEDをセットする

LEDはフタの裏側の穴から簡単に装着できます!

ブリタポット型浄水器

【ステップ③】カートリッジの気泡を取り除く

新品のカートリッジを開封した時のみ、1度気泡を取り除く作業が必要になります。

方法はとても簡単で、容器に水を入れてからカートリッジを入れて少し左右に振るだけでOKです。

すると、ブクブクと気泡が出てきます。

ブリタポット型浄水器

【ステップ④】ファンネル(水受け)にカートリッジを装着する

ブリタのポット型浄水器にはどの種類にもファンネル(水受け)があります。

くぼみのあるスペースはカートリッジを入れる場所になりますので図のようにセットすればOKです。

ブリタポット型浄水器

【ステップ⑤】容器にファンネル(水受け)とフタをセットする

さきほど④でセットしたファンネル(水受け)を容器の中に入れ、フタをつければ完成です。

ブリタポット型浄水器

【ステップ⑥】水道水を注ぐ

水道水をファンネル(水受け)部分が満タンになるまで注いでください。

ブリタポット型浄水器

【ステップ⑦】ろ過完了を待つ

ファンネル(水受け)に注いだ水道水は、約6分程度で全ての水がろ過されます。

カートリッジ部分が浸っていて大丈夫かな?と心配になりますが、公式サイトの見解は「逆流しないので問題なし」ということでした。

ブリタポット型浄水器

新品のカートリッジを開封した直後のみ、使用可能な状態にするために2回の浄水が必要です。(⑥⑦を2回繰り返す)

開封後に実施した2回分のろ過後の水は、破棄または飲料以外の用途に使用してください。

※活性炭など微細な粒子を流す作業として必要です。

でき上がった水は、とても美味しいですよ!

私は、そのまま飲んだり、料理用にも使っています。

ろ過した水は、直射日光が当たらないようにして、衛生面から1日で使いきることが推奨されています。

【ステップ】定期的に洗浄する

容器、ファンネル(水受け)、フタは定期的に洗浄しましょう。

洗浄する頻度は、週に2~3回洗っておけばこまめに手入れしているイメージに該当すると、公式サイトには記載されています。

ブリタは食洗機対応OKの製品が多いですが、フタは食洗機NGなのでご注意ください。

【ステップ⑨】カートリッジの交換

カートリッジ交換の目安は、一日あたり5.3リットルの使用の場合、4週間に1度の交換頻度になります。

ブリタポット型浄水器


まとめ

この記事では、ポット型浄水器の特徴やブリタを中心に使い方をご紹介しました。

●手軽に浄水器を利用したい方は、ポット型浄水器がおすすめ!

●ポット型浄水器の中ではブリタとクリンスイが人気!

●ブリタは使いやすさとコスト面から満足度が高い!

●クリンスイは浄水機能を重視したい人に満足度が高い!

ポット型浄水器は初期コストも安いので、試してみる価値はありますよ!

他に家計見直しのテーマにご興味のある方は、ぜひこちらをご覧ください。

みなさんの参考になれば嬉しいです。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました!

家計に関する関連記事のおすすめは下記の通りです。

保険の見直しに関するまとめと、筆者の体験談です。

70万部超えベストセラーの「お金の大学」要約に加えて、筆者が実践してみた内容をご紹介しています。

エクセルを使って家計簿を管理したい方向けに、筆者のフォーマットをご紹介しています。

もし今回の記事を「いいね!」を思っていただけた方は、ポチっとクリック(応援)してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村