グルメ&趣味

【子連れキャンプ 便利グッズ】実物紹介12選!絶対おすすめの持ち物を解説

キャンプやグランピングなど、アウトドアが近年はとても人気ですね!

私はもともとアウトドア派ということもあり、家族でキャンプやバーベキューをすることが大好きです。

楽しく快適にキャンプをするために、便利なアイテムを準備していますか?

キャンプを始めたい方
キャンプを始めたい方
ファミリーキャンプはどんなアイテムがおすすめ?
キャンプを始めたい方
キャンプを始めたい方
子連れでキャンプをするときにあると便利なグッズは何がある?
筆者
筆者

この記事では、ファミリーキャンプのグッズをこれから揃える人向けに実物写真付きで解説していきます!

筆者は、妻・子供(小学生、幼稚園)とファミリーキャンプを年10回以上行っているキャンプ大好きブロガーです。

子連れキャンプ 便利グッズ

【①キャリーワゴン】コールマン「アウトドアワゴン」

キャリーワゴン

荷物の運搬用でとても便利です!

自宅→車へ運ぶ時や、車→キャンプの場所へ運ぶ時に大活躍します!

また、お子さんが未就学児~小学校低学年であれば、キャリーに乗って遊ぶと大喜びしますので微笑ましいですよ。

筆者
筆者

私はコールマンの「アウトドアワゴン」を使用しています!


【②ライスクッカー】ユニフレーム「キャンプ羽釜3合炊き」

ライスクッカー

お米を炊くために必要なグッズです!

嘘かと思うくらい簡単にめちゃくちゃ美味しいご飯が炊けますよ!

これで米を炊くと美味しすぎて子供が一瞬で食べ尽くします。笑

お米の炊き方

①米と水を入れる

②蓋をした状態でBBQの網の上に乗せる

③噴きこぼれてきたら網から外す

④10分ほど待てば完成!

バーベキュー
筆者
筆者

私はユニフレーム(UNIFLAME)の「キャンプ羽釜3合炊き」を使ってます!


【③ホットサンドイッチクッカー】コールマン「ホットサンドイッチクッカー」

ホットサンドイッチクッカー

キャンプでの朝食に大活躍するグッズです!

朝はコーヒーとホットサンドでオシャレに美味しいモーニング・・・最高ですよ!!

クッカーがあれば、食パンにハム・チーズ等の好みの具材を挟んで焼くだけで完成します。

オシャレな朝食で満足度がUPしますよ。

筆者
筆者

私はコールマンの「ホットサンドイッチクッカー」を使ってます!


【④カセットコンロ】イワタニ「カセットフーマーベラスⅡ」

カセットコンロ

キャンプ=BBQというイメージになりがちですが、カセットコンロがあるだけで料理の幅も広がります!

そして、これは私の性格上の問題ですが、朝から起きて早々に火をおこすのは面倒なので、朝食ではカセットコンロが必須だと思っています。

蓋つきのカセットコンロであれば、持ち運びしやすく見た目もオシャレなのでおすすめですよ!

筆者
筆者

私はイワタニの「カセットフーマーベラスⅡ」を使ってます!


ちなみに、同じイワタニの「タフマル」も風が強くても火が付けることが容易ということで人気ですよ!


【⑤ウォータータンク】ノムラテック「ウォータータンク20L」

ウォータータンク

キャンプでは意外と水を使います。

例えば、「手を洗う」「火の周りに水をまく」「タオルを濡らしたい」などのシーンです。

そんな時にウォータータンクがあれば、都度歩いて炊事場などの水道へ歩く必要がなくなりますので便利です!

筆者
筆者

私は折り畳みができるソフトタイプで安価なノムラテックの「ウォータータンク20L」を使っています。

持ち運びは、折り畳めるので荷物にもならずに楽チンですよ!

20Lの大容量で値段も安いのでおすすめです。


筆者
筆者

水を入れる口が広いタイプをお探しの方はロゴスの「抗菌ウォータータンク」がおすすめです!


【⑥保冷剤】LOGOS「倍速凍結」「氷点下パックGT-16℃」

キャンプで食材をクーラーボックスで保存する時に「保冷剤」が必須です。

氷を購入するのも良いですが、特に夏場は冷却効果が持続しないので困ります。

そこでおすすめなのが、繰り返し使える「強力保冷剤」です。

筆者
筆者

私はLOGOSの超強力保冷剤「氷点下パック」を2種類使っています。

日帰りまたは1泊のキャンプなら「倍速凍結」で十分ですが、2泊のキャンプや真夏の時期は「氷点下パックGT-16℃」があれば安心して冷蔵保存できますよ!

製品の違い
倍速凍結氷点下パック⇒事前準備の凍結時間が約18~24時間と従来製品の約半分になり、保冷持続効果は約8倍の優れもの。

氷点下パックGT-16℃⇒事前準備の凍結時間が約36~48時間かかりますが、保冷持続効果が約8倍&冷却効果の持続力がバツグンに高い。

Amazonの保冷剤部門でも上位人気の有名商品ですよ。

ちなみに、停電の時にこの保冷剤を冷蔵庫に入れておくと「1日分保冷延長効果があった」というLOGOSの試験結果もあります。

キャンプ保冷剤

常に冷凍庫に置いておくことで災害対策にも使えるのは便利ですね!

「倍速凍結」は日帰りまたは1泊のキャンプ利用におすすめです。


「氷点下パックGT-16℃」は2泊以上のキャンプや真夏のキャンプにおすすめです。


【⑦LEDランプ】LAD WEATHER「LEDアウトドアランタン」

子連れのキャンプでは「明るくて丈夫なランプ」が必須です。

オシャレなランタンも欲しくなりますが、子供の年齢が小さい時期なら実用性重視の電池式ランプの方が使いやすいです。

筆者
筆者

私はLAD WEATHERの「LEDアウトドアランタン」を使っています。

1,000ルーメンでとにかく明るいLEDランタンで、値段が安いのでコスパ抜群です!

防塵防滴仕様・4つの点灯モードを選べる・上部にハンドルあり・底面にカラビナつきと至れり尽くせりの仕様です。

個人的にはキャンプは暖色のランプが合うと思っているので、点灯モードが選べるのは高評価です!

明るさの目安は下記をご参考ください。

キャンプ用ランプの明るさの目安(私見)
●1,000ルーメン~⇒メインランタンに最適。かなり明るい。

●800ルーメン⇒メインランタンにも使える。それなりに明るい。

●500ルーメン⇒少し暗め。落ち着いたキャンプ向き。

●300ルーメン⇒暗め。サブランタン向き。

●200ルーメン未満⇒暗い。雰囲気を盛り上げる飾り用。

メインランタンとして1個あれば、キャンプや災害時のどちらでも重宝しますよ!


【⑧ランプスタンド】ロゴス「ANDON STAND」

スタンド

子供がいるとランプを手の触れるところには置きたくないなと思いませんか?

そんな時はロゴスの「ANDON STAND」がおすすめです!

三脚でペグ固定できるようになっており、この中にランタンなどを置くだけで抜群に良い雰囲気がでますよ!

そして、高さもあるのでお子さんは手が触れないのも良いポイントです。

筆者
筆者

私は、ロゴスの「ANDON STAND」をキャンプの昼間明るい時間帯に衣類を入れる場所としても使っています。笑


【⑨焚き火台】ユニフレーム「ファイアグリル」

焚き火台

肌寒い季節に大活躍するのが「焚き火台」です!

焚き火台はキャンプの満足度を爆上げしてくれる重要アイテムなので、買って損はないです。

キャンプ好きの必須アイテムと言っても過言ではないでしょう。

子供は焚き火が好きで、薪をくべる作業に興味津々な姿を見るのも楽しいですよ。

筆者
筆者

私は、ユニフレームの「ファイアグリル」を使用しています。

焚き火+BBQでも使える機能性も兼ね備えているのでコスパ抜群ですよ!


超本格的にするなら以下のようなセットがあると楽しいですが、財布とご相談ください。笑

焚き火台

※この写真は私の私物ではなく、Alpenの展示品です。

【⑩エアーマット】コールマン「キャンパーインフレーターマット ダブルセット」

エアーマット

キャンプで寝る時に必須のアイテムが「エアーマット」です!

子連れだと荷物が多いので、「寝心地」「手軽さ」「値段」のバランスで何が良いか迷うと思います。

筆者
筆者

色々なものを比較した結果、私はコールマンの「キャンパーインフレーターマット ダブルセット」を愛用中です!

使い心地と価格のバランスがよかったのでおすすめですよ!

ダブルセットを2つ購入すれば大人2名・子供2名は何の問題もなく寝れます。

また、収納時は、くるくる丸めて専用の袋に片付けます。

空気を入れるのも抜くのも簡単なので、誰にでも使いやすいですよ!(写真はダブルです)


もう少しクッション性が欲しい方はこちらが良いと思います。


【⑪折り畳み棚】コーナン「3段ラック」

3段ラック

荷物を床に置きたくないという方にオススメです!

持ち運びや自宅での保管を考えると、折り畳み式の方が使いやすいと思いますよ。

筆者
筆者

私は、コーナンの「3段ラック」を使用しています。

値段が安くて丈夫です!


筆者
筆者

もっとオシャレで安価な棚をお探しの方は、キャプテンスタッグもコスパが良いですよ!


【⑫着火剤】コーナン「ファイアースターター」

着火剤

BBQで意外と苦戦するのが「火おこし」です。

火おこしに苦戦すると家族からクレームの嵐がくるので、できる限りスムーズに終えたい作業です。笑

私はジェルタイプや卵ケース型のタイプなど様々試した結果、

筆者
筆者

コーナンの「ファイアースターター」(140円)を愛用しています。

「安い」「着火も早い」「4人家族の1回分であれば下図の1/3だけで十分」とコスパ抜群です。

使い方

①木炭を敷く

②ファイアースターターを置く

③その上に木炭を積む

④ファイアースターターに着火する

⑤あとは自然に木炭に火が燃え移るのでOK

※風が弱ければ、うちわであおいだ方が良いです。

コーナンeショップのリンク先はこちら

バーベキュー

関西のおすすめオートキャンプ場&グランピング

最後に、大阪・兵庫・京都のキャンプ場とグランピングをご紹介します。

私がファミリー利用ばかりなので、ご家族でキャンプやグランピングを検討中の方にはご参考になると思います。

伊毘うずしお村オートキャンプ場

南あわじの伊毘漁港に隣接する、オートキャンプ場です。

予約が取りやすく、水質のよい海で海水浴や釣りが楽しめます!

筆者
筆者

景色も最高で大満足でした!

解説記事を作成したので、もしよかったらご参考ください。

淡路じゃのひれアウトドアリゾート(兵庫)

キャンプ場に加えて、海に面しているのでアクティビティがとても充実しています

スペースがかなり広く、荷物の運搬も非常にラクでよかったです。

筆者
筆者

アクティビティでは、イルカの餌やり・釣り・乗馬などなど、金額は高めですが子供が喜ぶ体験ができますよ。

コテージも用意されているので、キャンプグッズがない方も利用可能です。

公式ホームページのリンク先はこちら

自然の森ファミリーオートキャンプ場(大阪)

大阪府の北部に位置する能勢のキャンプ場です。

森の中にあるキャンプ場なので、涼しくて日陰のあるサイトが多いです。

筆者
筆者

家族連れの利用客が多く、夜は静かでファミリー利用にはピッタリです。

また、夏に利用した時はキャンプ場内にある小さな川で「魚のつかみどり」のイベントを開催しています。

魚をBBQで焼いて食べれたのは子供が大喜びでした。

公式ホームページのリンク先はこちら

GRAX(京都)

京都府の南部で、ほぼ大阪との県境に位置するグランピングの施設です。

オシャレなテントやBBQを手軽に楽しめるので非常に人気です。

筆者
筆者

るり渓温泉の日帰り入浴施設の「ランタンテラス」というスペースの居心地が最高です!

小さい子供がいると長居はできないかもしれませんが、大人同士ならのんびりリフレッシュできますよ。

他にもイルミネーションが近隣にあるため、イベント目白押しの1日を過ごせますよ。

公式ホームページのリンク先はこちら

まとめ

今回は、私の趣味のキャンプで重宝しているグッズをご紹介しました。

筆者おすすめのグッズ一覧

①キャリーワゴン⇒コールマン「アウトドアワゴン」

②ライスクッカー⇒ユニフレーム「キャンプ羽釜3合炊き」

③ホットサンドイッチクッカー⇒コールマン「ホットサンドイッチクッカー」

④カセットコンロ⇒イワタニ「カセットフーマーベラスⅡ」

⑤ウォータータンク⇒ノムラテック「ウォータータンク20L」

⑥保冷剤⇒LOGOS「氷点下パック」

⑦LEDランプ⇒LAD WEATHER「LEDアウトドアランタン」

⑧ランプスタンド⇒ロゴス「ANDON STAND」

⑨焚き火台⇒ユニフレーム「ファイアグリル」

⑩エアーマット⇒コールマン「キャンパーインフレーターマット ダブルセット」

⑪折り畳み棚⇒コーナン「3段ラック」

⑫着火剤⇒コーナン「ファイアースターター」

この記事でご紹介しているグッズやキャンプ場は、全て私も使っている本当にオススメのグッズを厳選しました。

もし今後、アウトドア用品を検討する場合は参考にしていただけると嬉しいです。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました!

他に当ブログ人気記事はこちらです。

私の家計の貯蓄UPノウハウを解説しています。

大阪でファミリー向け川釣り(管理釣り場)をお探しの方はぜひご覧ください

淡路島でキャンプをするならぜひ立ち寄っていただきたいオススメの場所をご紹介しています。

趣味の日本酒に関して都道府県別にオススメをまとめました。

ブログの開設方法をご紹介しています。

もし今回の記事を「いいね!」を思っていただけた方は、ポチっとクリックして投票(応援)してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村