自己啓発

心理的安全性とは?生産性の高い組織を創る条件~予測不能の時代 要約~

世の中にはビジネストレンドキーワードというものがあります。

例えば、近年は「ビッグデータ」「フィンテック」「IoT」などが代表的ですね。

今回は、組織を考える時にキーワードとしてよく出てくる「心理的安全性」「生産性」の2つについて考えてみたいと思います。

この記事はこんな方にオススメです。

読者の方
読者の方
心理的安全性ってどういう意味なの?
女性の口コミ
女性の口コミ
組織の生産性を高くするコツってあるの?

心理的安全性とは?

心理的安全性(Psychological Safety)は、ハーバード大学のエイミー・C・エドモンドソン教授によって提唱された概念です。

彼女は、組織において上司や同僚と気軽に会話や報告ができる、安心感のある組織の特徴を「心理的安全性」と呼びました。

ちなみにエドモンドソン教授が心理的安全性を発見するきっかけの1つとなった研究に、医療事故研究があります。

医療事故の報告件数と組織の特徴がどのように関連しているかを調査したところ、よくない病院では医療事故になる直前のヒヤリハットが度々起きているが、その事象を言い出したり報告できる雰囲気ではないことがわかっています。

一方で、医療事故が起きにくい病院はヒヤリハットを含めて気軽にありのまま情報共有できる職場であるとされています。

この心理的安全性の概念を世界に広めたきっかけとして有名なのが、2012年にGoogleが行ったプロジェクト・アリストテレス(Project Aristotle)です。

Googleは、社内に存在する多数のチームにおける生産性について、データを駆使して解明する大規模な実証研究を行いました。

その結果、以下のことが判明しました。

 

真に重要なのは「誰がチームのメンバーであるか」よりも「チームがどのように協力しているか」であることを突き止めました。

チームの効果性に影響する因子を重要な順に示すと次のようになります。

●心理的安全性 -「チームの中でミスをしても、それを理由に非難されることはない」と思えるか。

●相互信頼 -「チームメンバーは、一度引き受けた仕事は最後までやりきってくれる」と思えるか。

●構造と明確さ -「チームには、有効な意思決定プロセスがある」と思えるか。

●仕事の意味 -「チームのためにしている仕事は、自分自身にとっても意義がある」と思えるか。

●インパクト -「チームの成果が組織の目標達成にどう貢献するかを理解している」か。

引用:Google「効果的なチームとは何か」を知る

Googleリンクはこちら

この結果を受けてGoogleでは、社内で心理的安全性を高める教育や運営を徹底したと言われています。

今ではGoogleに限らず、マネジメントにおいて心理的安全性を担保することは基本になってきていますね。

幸せな組織の特徴とは?

幸せな組織の普遍的な特徴として「FINE」という概念をご存知でしょうか?

FINEとは、Flat・Improvised・Non-verval・Equalの4つから頭文字を取ったものです。

この概念について、矢野和男さんの著書「予測不能の時代」で解説されているものを引用してご紹介します。

 

幸せな組織の普遍的な4つの特徴「FINE」

第1の特徴 フラット(Flat)=均等「人と人のつながりが特定の人に偏らず均等である」

第2の特徴 インプロバイズド(Improvised)=即興的「5分から10分の短い会話が高頻度で行われている」

第3の特徴 ノンバーバル(Non-verbal)=非言語的「会話中に身体が同調してよく動く」

第4の特徴 イコール(Equal)=平等「発言権が平等である」

引用:予測不能の時代

前項でご紹介した「心理的安全性」にもつながる要素があるように感じますね。

著書の中では心理的安全性+FINEを満たしている組織は、幸せで生産的な集団とされています。

読者の方
読者の方
ちょっとイメージしにくいな~。

このように感じた方のために、「どんな組織が幸せではないか?」と逆説的に考えて対比しながら確認してみましょう。

営業をしている私の職場でイメージしてみます。

組織のつながり自体が一部の営業所メンバーに限定されて本社・支店・研究・開発・生産の人と関わることがなく、つながっているメンバーと短時間の会話やチャット等でのやりとりも少なく、会議ではいつも特定の数人以外は発言しにくい雰囲気があるので気持ちも乗らない・・。

こんな組織であれば、恐らく「FINEではない」と言えるでしょう。

読者の方
読者の方
FINEの要素をもう少し詳しく説明してよ!

こんなご要望があるかなと思いましたので、順にご紹介していきたいと思います。

Flat:均等

つながりが一部の人に偏っていない状態を目指しましょう。

組織全体としてつながりが多い少ないではなく、人によって偏っているかどうかの視点が重要です。

つながりが人によって偏り(格差)があるということは、「情報の格差」が生じているということになります。

こんな経験はありませんか?

同僚
同僚
今度、○○の取り組みを始めるらしいけど何か聞いてる?隣の部署は上司から連絡があったみたいだけど、私たちの部署は聞いてないよね?。
自分
自分
そんなことあったの!?何も知らない。私たちの上司はまだ何も教えてくれないよ。

このように、つながりが少ないと上司と部下の縦関係に依存するようになります。

そして、意を決して質問した時に

上司
上司
そんなことも分からないの?自分でも考えてみてよ。

こんな返答が来たら、確認や質問をしないという選択をとるようになり、どんどん孤立へと進んでいきます。

COVID-19によってリモートワークが進んだことで「孤立化」は現実的な問題になっているので、縦以外の「横」や「斜め」のつながりも意識すると良いですね。

Improvised:即興的

人と人とのコミュニケーションにおいて「大は小を兼ねない」ということを意識しましょう。

1時間や2時間の会議を行ったからといって、5分間の会話やコミュニケーションの代わりにはなりません。

日本の会社という組織は、基本的に上下の関係があります。(上下関係=悪とは言っていません。)

上下関係があると、会議等の場では「変なことを発言して、周囲からネガティブな評価を下されたくない」という気持ちになりやすいので、沈黙するようになります。

会議中にどんな発言をしてもOKという「心理的安全性」の担保が重要ですが、それでも会議が個々のコミュニケーションの代替になるわけではないので、会議と会話のそれぞれの役割を認識することが大切です。

Non-verbal:非言語的

会話中に身振り手振りが自然に出て、互いに良く動く状態を目指しましょう。

楽しい会話や親しい友人との会話では、無意識に身振り手振りや、うなずきをしていませんか?

では、仕事上でのコミュニケーションではいかがでしょうか。

良好な雰囲気の組織ではまるで友人と会話するかのように動作が無意識に発生しますが、雰囲気の悪い組織では発言に対して不信や拒否感を抱くため、うなずきすら発生しないこともあります。

コミュニケーションの約9割は非言語(Non-verbal)によるものであることを意識して、まずは私たちから積極的に非言語表現を意識してみましょう。

特に、オンライン環境下ではオーバーリアクションくらいがちょうど良いとも言われていますので、是非お試しください。

Equal:平等

組織やチーム内で、発言権が平等にある状態を常に維持しましょう。

権威のあるジャーナルの1つであるScienceに、人の集団的な知的能力に関する研究結果が発表されています。

この研究では、個々のメンバーの平均的な知的能力と成績には関連性がなかったと報告されています。

チームの知的能力≠個人の知的能力を集計したもの

読者の方
読者の方
じゃあ何が大切なの?

こんな疑問を抱くと思いますので、この研究が示した3つの特徴をご紹介します。

知的能力が高いグループの特徴

①他者の感情を汲み取っている

②チーム内の会話における発言権の平等性が保たれている

③チーム内の女性比率が高い

Science,vol330(6004),p686-688,2010リンク

この研究結果で注目すべきは以下の点だと思います。

●組織やチームの能力を高めるために必要なのは「人の気持ちを理解し、考慮した発言をできる人」を育てる(加える)こと。「知的能力が高い優秀な人」よりも前者の方が重要である。

この研究結果を踏まえてすぐに実践しましょう!と言いたいところですが、人的リソースや個々の感性もあるため①と③は今すぐできないケースもあります。

しかし、②であればチーム内のルールや雰囲気作り次第で最も変えやすい部分だと思います。

「全員の発言機会を意図的に作る」「発言に対して否定をしない」「お互いをリスペクトする」このようなルールを設定するだけでも発言権の平等性に一歩近づくことができるのではないでしょうか。

まとめ

今回は、心理的安全性と生産性の高い組織について書籍や研究結果を基にご紹介しました。

組織マネジメントにおいて、心理的安全性の担保がとても大切です。

幸せな組織の普遍的な特徴として「FINE」という概念があります。

つながりが一部の人に偏っていない状態を目指しましょう。

人と人とのコミュニケーションにおいて「大は小を兼ねない」ということを意識しましょう。

会話中に身振り手振りが自然に出て、互いに良く動く状態を目指しましょう。

組織やチーム内で、発言権が平等にある状態を常に維持しましょう。

知識として理解はできても、いざ実践するのは難しいのがコミュニケーションの奥深いところですね。

いきなり完ぺきにできないかもしれませんが、少しずつ組織を良い状態へ変えていけるように自分から働きかけてみてはいかがでしょうか。

今は管理職ではない方も、早めから今回のようなことを意識しておくことで、いざマネジメントをしようと思った時に良いスタートが切れるようになりますよ。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました!

今回の記事で参考にした書籍は以下になります。



当ブログでの生産性向上に関連する記事は以下がオススメです。

リーダーの方やマネジメントを学びたい方は必見です!世界的名著の要約記事です。

お互いを尊重しながら本音を伝える関係性を構築する方法としてアサーティブコミュニケーションを解説しています。

最小の時間で最大の成果を発揮するための思考法です!(累計20万部超のベストセラーです)

生産性を上げるコツと、時間の考え方をご紹介しています。(参考情報元:澤円さん)

生産性を上げるコツとして、PCの時短設定があります。オススメ4選をご紹介しています。

もし今回の記事を「いいね!」を思っていただけた方は、ポチっとクリック(応援)してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
にほんブログ村