株式投資

【最新】投資信託の信託報酬と隠れコスト一覧比較!指数・純資産・投資対象付き

株式投資を勉強していると、つみたてNISAやジュニアNISAで「投資信託」に魅力を感じ、投資先の有力候補にすることが多いのではないでしょうか。

ネット証券の買付手数料無料や、運用コストも安価な優良商品が増えてきたことで、投資信託の人気が年々高まっているように感じます。

しかし、様々な商品が登場することで、こんなことを思う方がいるのではないでしょうか?

読者の方
読者の方
投資信託の手数料ってわかりにくい!一覧で比較できないの?

そこで、エクセルで一覧表を作成しました。

今回は、一覧表の内容と銘柄を選択する際のポイントをご紹介します。

この記事はこんな方向けです。

読者の方
読者の方
優良な投資信託の一覧表が見たい!
読者の方
読者の方
投資信託を購入しているけど、具体的な投資先の内訳を知らない
読者の方
読者の方
低コストの優良投資信託を教えて欲しい

この記事でご紹介する投資商品の利益を保証するものではなく、特定の銘柄を推奨する意図はありません。最終的なご判断は自己責任でお願い致します。

一覧表

低コストのインデックスファンド一覧表を「表形式」と「画像」の2種類ご用意しました。

ジャンル別に色分けで「全世界株」「先進国株」「米国株」「新興国株」に分けています。

用語も後述していますので、ご参考ください。

表形式

銘柄名 費用合計 信託報酬等
(運用報告書)
隠れコスト
(運用報告書)
純資産総額 トラッキング
エラー(1年)
投資地域 or 投資ETF 連動指数
全世界 SBI・全世界株式インデックス・ファンド 0.091% 0.0680% 0.023% 262.13億円 5.82 シュワブ U.S. ブロード マーケット ETF 55%
SPDRポートフォリオ・ディベロップド・ワールド(除く米国)ETF 35%
SPDRポートフォリオ・エマージングマーケッツ ETF 10%
FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス
楽天・全世界株式インデックス・ファンド 0.181% 0.1320% 0.049% 1025.03億円 6.25 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス
eMAXIS Slim 全世界株式 0.209% 0.1190% 0.090% 2034.86億円 5.40 米58.3%、日本6.9%、英3.5%、仏2.8%、瑞2.8%など世界株 MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス
eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) 0.218% 0.1240% 0.094% 669.19億円 5.53 米62.6%、中5.6%、英3.8%、仏3.1%など世界株(日本除く) MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)
先進国 SBI・先進国株式インデックス・ファンド 0.101% 0.0680% 0.033% 59.95億円 2.82 シュワブ U.S. ブロード マーケット ETF 60%
SPDR ポートフォリオ・ディベロップド・ワールド(米国除く)ETF 40%
FTSEディベロップド・オールキャップ・インデックス
たわらノーロード 先進国株式 0.152% 0.1090% 0.043% 1229.23億円 2.51 米67.09%、英3.94%、瑞3.52%、加3.31%など世界株(日本除く) MSCIコクサイ・インデックス
ニッセイ外国株式インデックスファンド 0.156% 0.1040% 0.052% 2962.75億円 2.49 米71.7%、英4.7%、仏3.8%、瑞3.2%など世界株(日本除く) MSCIコクサイ・インデックス
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 0.179% 0.1070% 0.072% 2173.81億円 2.50 米68.7%、英6.0%、仏4.1%、瑞3.4%など世界株(日本除く) MSCIコクサイ・インデックス
米国 SBI・V・S&P500インデックス・ファンド 0.080% 0.0620% 0.018% 2298.8億円 ? バンガード・S&P500ETF S&P500指数
SBI・V・全米インデックス・ファンド 0.094% 0.0638% ? バンガード・トータル・ストック・マーケットETF CRSP USトータル・マーケット・インデックス
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 0.163% 0.1190% 0.044% 4752.20億円 4.12 S&P500インデックスマザーファンド S&P500指数
楽天・全米株式インデックス・ファンド 0.179% 0.1320% 0.047% 2917.98億円 2.59 バンガード・トータル・ストック・マーケットETF CRSP USトータル・マーケット・インデックス
新興国 SBI・新興国株式インデックス・ファンド 0.090% 0.0660% 0.024% 105.30 億円 6.67 シュワブ エマージング・マーケッツ エクイティ ETF 100% FTSE エマージング・インデックス
eMAXIS Slim新興国株式インデックス 0.426% 0.2070% 0.219% 675.87億円 3.41 中41.9%、台12.8%、韓国12.1%、印8.2%、伯4.6%など MSCIエマージング・マーケット・インデックス

画像

画像の拡大リンク先はこちら

データ引用:各投資商品の「目論見書」「運用報告書」より

用語解説

各項目の用語を解説します!

費用合計

投資信託を保有する際にかかる費用の合計です。

信託報酬等+隠れコスト=費用合計

運用期間中は常に発生するコストになりますので、安いものを選択することがとても大事です。

信託報酬等

投資信託は自分の代わりに機関が運用してくれているので、運用してもらっている手数料として支払う費用です。

数値が小さい方が良いです!

隠れコスト

売買委託手数料」「有価証券取引税」「その他費用のことで、運用報告書を確認すると把握できます。

信託報酬と同様に投資信託を購入している間は常に発生するコストですが、交付目論見書には掲載されていませんので注意しましょう。

純資産総額

投資信託の規模を表す数字のことです。

総額が小さいよりも大きい方が良いです!

たとえば、10人の投資家が100万円ずつ投資したと仮定すると、合計1000万円が「純資産総額」です。そして、その1000万円でファンドマネージャーが運用し、1500万円に値上がりした時の純資産総額は1500万円になります。

最低でも50億~100億以上は欲しいなと個人的には思います。

トラッキングエラー

投資信託の、ベンチマークからの乖離のことです。

数値が小さい方が良いです!

インデックスファンドは、ベンチマークの指数にできるだけ近似するように設計されていますが、種々の理由で完全には一致しないケースが多々あり、この時の差をトラッキングエラーと言われています。

利益のプラス・マイナスに関わらず指数との乖離を示しているため、ベンチマークより「大勝ち」「大負け」のどちらに振れても数値が大きくなります。

投資地域 or 投資ETF

投資信託が、どんな内容に投資しているか?を示しています。

同じ全世界株でも国別の比率が若干異なりますので、ご自身の好みに合う商品を選択するためには、この内容を確認しておく必要があります。

連動指数

インデックスファンドは、指標となる「指数」が重要で、その指数と連動を目標にしているか?を示しています。

有名な指数では米国株の「S&P500」などがあります。

全世界株ファンド

全世界株という名前の通り、これ1本で世界に分散投資できる素晴らしい商品達です。

項目ごとに順位付けすると下記のようになります。

低コスト⇒①SBI全世界株 ②楽天・全世界株 ③eMaxis Slim全世界株

純資産総額⇒①eMaxis Slim全世界株 ②楽天・全世界株 ③SBI全世界株

トラッキングエラー⇒①eMaxis Slim全世界株 ②SBI全世界株 ③楽天・全世界株

※eMaxis Slim全世界株(除く日本)は除きました。

画像の拡大リンク先はこちら

私であれば、管理費用・純資産総額・トラッキングエラーのトータルで以下2つを候補にし、「大型株中心」「中小型株までカバー」の好み次第になると思います。(実際保有しているのは楽天・全世界株式です。)

eMAXIS Slim全世界株式(大~中型株中心に約3,000銘柄、時価総額約85%)

●楽天・全世界株式インデックス・ファンド(大~小型株中心に約8,000銘柄、時価総額約98%)

ちなみに、iDeCoをする場合はSBI証券のセレクトプランを推奨しています。

セレクトプランであってもつみたてNISAのように選択できる銘柄が多くないので以下を検討します。

●SBI・全世界株式インデックス・ファンド

先進国株ファンド

全世界株では新興国も投資対象に含んでいましたが、こちらは先進国に限定しています。

全世界株よりも純資産総額の大きいファンドが複数存在することから、根強い人気があると推察します。

盲点なのは、先進国というカテゴリーに中国が入っていないということです。

先進国と言いながら、70%前後は米国株が占めているファンドが多いです。

中国は新興国の扱いになりますので、先進国株からは除外されています。

項目ごとに順位付けすると下記のようになります。

低コスト:①SBI先進国株 ②たわらノーロード 先進国株 ③ニッセイ外国株 ④eMaxis Slim先進国株

純資産総額:①ニッセイ外国株 ②eMaxis Slim先進国株 ③たわらノーロード 先進国株 ④SBI先進国株

トラッキングエラー:①ニッセイ外国株 ②eMaxis Slim先進国株 ③たわらノーロード 先進国株 ④SBI先進国株

画像の拡大リンク先はこちら

管理費用・純資産総額・トラッキングエラーの観点で私なら下記を候補にします。(私は先進国株ファンドを保有していません。)

ニッセイ外国株式インデックスファンド

米国株

昨今の米国株人気を象徴するように、ファンドの純資産総額が一気に拡大しています。

S&P500連動ファンドは、ざっくり言うと米国を代表する500社・米国全体の約80%に投資することになります。

バンガード・トータル・ストック・マーケットETFはS&P500に含まれていない中小株も含めた約3,500銘柄以上が対象です。

項目ごとに順位付けすると下記のようになります。

低コスト:①SBI・V・S&P500 ②eMaxis Slim米国株 ③楽天・全米株

純資産総額:①eMaxis Slim米国株 ②楽天・全米株 ③SBI・V・S&P500

トラッキングエラー:①楽天・全米株 ②eMaxis Slim米国株

※SBI・V・全米インデックスファンドは2021年6月~なので、除外しました。

画像の拡大リンク先はこちら

管理費用・純資産総額・トラッキングエラーの観点から以下3つの候補であれば、大差ない成績が見込めるのではないでしょうか。

あとは、S&P500連動にするか、より広く分散投資させたいかの好みで判断するのもありですね。

●SBI・V・S&P500インデックス・ファンド

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

SBI・V・全米株式インデックス・ファンド

SBI・バンガードを取り扱っていない証券会社もあります。

新興国株

最後に新興国株です!

個人的にはメインで保有するファンドというよりも、サブとして検討する位置づけの認識を持っています。

中国・台湾・韓国・インド・ブラジルなどの成長をどのように考えるかが好みの分かれ道になりそうです。

「コストの低さ」「純資産総額」「トラッキングエラー」の項目で順位付けすると下記のようになります。

低コスト:①SBI・新興国株 ②eMaxis Slim新興国株

純資産総額:①eMaxis Slim新興国株 ②SBI・新興国株

トラッキングエラー:①eMaxis Slim新興国株 ②SBI・新興国株

画像の拡大リンク先はこちら

コスト面をとるか、トラッキングエラーと純資産総額を優先するかの好み次第ですね。

私が購入開始した時はSBIの純資産総額がもっと少なかったのでeMAXIS Slimにしましたが、今だったらSBIにするかも・・と思いました。

SBI・新興国株式インデックス

eMAXIS Slim新興国株式インデックス

おまけ

もう少しリスク分散できる投資信託として、バランスファンドという商品もあります。

バランスファンド

様々な資産に均等に投資し、リスク分散が可能です。これ1つで複数の資産に投資できます。

●eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

●ニッセイ・インデックスバランスF 4資産均等型

※2つの違いは、新興国株・新興国債券・国内REIT・先進国REITが入っているかいないか?と、各資産に対する配分比率です。

まとめ

今回は、投資信託を管理費用・純資産総額・トラッキングエラーの観点で一覧にまとめて、優良なファンドに関して紹介しました。

投資先やコスト面だけでも事前にチェックすることは、将来の収益に関わってくるので必ず実施しておきましょう!

販売手数料の観点ではネット証券として「楽天証券」「SBI証券」がオススメです。

両社の違いは以下の記事で一覧表を作成しているのでご覧ください。

家計見直しや資産運用をこれから考えていきたい方は、こちらの書籍がオススメですよ。


本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事を以下に添付しますのでよろしければどうぞ。

これから投資を始める方は「つみたてNISA」から始めましょう

会社員におすすめの投資を総まとめしています。

インデックスファンドとアクティブファンドのどちらがよいか迷った時はこちらをご覧ください。

一流投資家の考え方をまとめました。ご自身の投資方針の参考になりますよ。

もし今回の記事を「いいね!」を思っていただけた方は、ポチっとクリックして投票(応援)してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村