製薬&雑学

【製薬MR】生き残る人材になろう!リストラに恐れないための3つの考え方を解説

2020年頃から「MRのリストラ」「MR削減」というワードを耳にする機会が増えてきました。

実際にMR数は2013年にピークを迎えた約66,000人から2020年は約57,000人に減少したことで、こんな声もよく出てきています。

MR
MR
もうMRは厳しいな~。

確かに全体の枠は減少してきているので楽観視はできない状況ですが、「デジタル化」「終身雇用制度の廃止」というトレンドが製薬業界にもくるのはやむを得ないと思います。

ただ、ここで大切な事は「必要な社員」と「不必要な社員」への扱いが従来よりもハッキリと明暗が分かれるようになるということだと思います。

つまり前向きに考えると、必要な社員として求められる存在になる努力を積み重ねていれば、過度に不安視する必要はないということです。

読者の方
読者の方
必要だと思われるために何をすれば良いの?
読者の方
読者の方
将来に向けて今からどんな準備をすれば良いの?

このような疑問をお持ちの方向けに、「MRの生き残り戦略」を解説していきますね。

先に結論を言うと、次の3つのどれでも自分が選択できるように事前準備をしておくことが大切です。

この記事でわかること

●会社から「あなたには残って欲しい」と思われる人材になる選択肢をつくる

●他社から「転職で入社して欲しい」と思われる人材になる選択肢をつくる

●副業からスタートして少しずつ自分で稼げる人材になる選択肢をつくる

会社から「あなたには残って欲しい」と思われる人材になる

現在の会社で仕事を続けていきたい方は、「残って欲しい!」と会社側から求められる存在になる必要があります

厳しい現実ですが、リストラはこんな人から削減対象になっていきます。

会社
会社
この人は雇用するメリットが少ないから辞めて欲しいな。

逆に考えると「残って欲しい!」と思われる人材になれば良いんだと前向きに捉えてみましょう。

そこで、必要な具体的アクションを3つご紹介していきます。

現在の評価を確認する

まずは現時点で会社が自分のことをどのように評価しているのか?を把握することはとても大切です。

簡単に誰でも把握できる要素として以下の3つがあります。

自分の評価を把握する方法

●人事評価のフィードバック内容を再確認

●同世代社員と比較した自分の役職(昇進スピード)を確認する

●上司との関係性が良好かを振り返る

人事評価のフィードバック内容を再確認
「賞与評価結果」や「昇給評価結果」を気にする方は多いと思いますが、上司との面談結果を踏まえた会社からのフィードバック内容を把握していない方が意外とおられます。

人事評価のフィードバックをチェックすることで、会社のニーズや自分に求められている課題が分かりますので、ぜひ確認してみましょう。
同世代社員と比較した自分の役職(昇進スピード)を確認する
会社の評価がハッキリ分かるのは昇進スピードです。

厳密には社内政治力でうまく立ち回っている人も一部存在するかもしれませんが、結果的に会社が評価しているという状況には変わりありません。

まずは自分の現在地を把握するために、一旦周囲を見渡してみましょう。
上司との関係性が良好かを振り返る
上司(自分の評価者)との関係は良好ですか?それとも険悪ですか?

製薬会社ほどの規模になると、人事評価の最終決定者は1人1人を直接細かく見ることは不可能です。

ですので、自分たちの評価者となる「上司」の意見というフィルターを通して人事評価の最終決定者に届くという性質上、上司との関係性が最悪という事態だけは避けておくべきでしょう。

上司のゴマすり社員になる必要性は皆無です。

会社の現状と方針を把握する

自分の立ち位置を客観的に把握できたら、次は「会社がどんな課題を認識し、どんな人材を求めているか?」を認識しておきましょう。

離婚の代表的な理由に「価値観のズレ」があるように、会社と自分の価値観が違い過ぎるとミスマッチが起こり、居心地が悪くなっていきます。

会社の考え方を知る方法

●CEOや本部長など主要なポジションの人が発する社内向けメッセージやコラムをチェックする

●会社の人事部サイト(人材育成の方針)をチェック

●所属部署の活動方針をチェック

無理して会社の価値観と同じ考えにする必要はありません。会社のニーズを把握するという意味でご理解ください。

自身の存在価値を示すことに集中する

自分の置かれた現状を確認し、会社のニーズを把握できた後は、自分の存在価値を出すことに集中していきましょう!

イメージしやすいところでは以下の2つですね。

存在価値を示す

●業績面⇒「○○No.1の営業成績」「社内表彰の受賞」「社内プレゼンで優勝」など

組織貢献⇒「人材育成」「チームマネジメント」「ITスキル」「社員勉強会組織の設立」など

いい意味で「目立つ行動」を起こし続けることはとても大事だと思います。

日本人に特徴的な「横並び志向」を仕事にも取り入れてしまうと、気付いたら量産型社員の一員になってしまい、役職も上がらず転職もしにくい「身動きできない人材」になるリスクがあります。

私は、尊敬する先輩から言われた以下の言葉が今でも印象に残っています。

尊敬する先輩
尊敬する先輩
出る杭は打たれると言うけど、出過ぎている杭になれば誰も打って来ないよ。周りに遠慮するな。

役職に応じた能力開発を行う(カッツ理論の考え方)

存在価値を出すためには自身の能力開発が大事なのは言うまでもありません。

そこで、求められる能力は役職に応じて変化することを述べた「カッツ理論」をご紹介します。

昇進したのはいいですが、求められる能力が変化して躓くと勿体ないので、今のうちから事前に準備しておくヒントになると思います。

【カッツ理論】

ポイント:職位とともに必要な能力は変化する!ヒューマンスキルは常に重要であるが、役職が上がると概念化能力が求められる比率が高くなる。

●テクニカルスキル:業務遂行能力や業務知識など

●コンセプチュアルスキル:問題の本質を把握し解決策を導く力など(概念化能力)

●ヒューマンスキル:コミュニケーション能力や交渉力(対人関係能力)

他社から「転職で入社して欲しい」と思われる人材になる

終身雇用制度が崩壊している現状では、常に自分の市場価値を考えておくことは非常に重要だと思います。

キャリア採用(転職)は野球で例えるならフリーエージェント制度に近い性質となりますので、基本的に「即戦力」が求められています。

ただし、企業の求める「即戦力像」は、会社の経営状態や新薬の状況に応じて変化します。

そこで、以下のステップが大事になります。

転職需要を定期的に把握する

今すぐに転職の予定がなくても、需要やトレンドだけは必ず定期的に把握しておきましょう!

読者の方
読者の方
トレンドはどうやって把握すればいいの?

こう思った方がおられるかもしれません。

需要を把握するには、転職サイトに登録しておけばOKですよ。

登録後は、定期的に担当者から届くメールのチェックやWeb面談(電話)で情報交換することがおすすめです。

どのサイトに登録すればよいか迷う場合、私はJACリクルートメントを利用しており満足度が高いのでおすすめしています。

履歴書を作成してみる

転職活動を行う時に必須の作業が「履歴書作成」です。

実は、本当はやった方が良いのに多くの人ができていないこととして「転職活動前から履歴書の記載項目をまとめておくこと」があります。

転職でキャリアアップできる人(有利な条件を交渉できる)は、最低でも以下の項目は書き連ねています。

でも、いきなりこれを書こうと思っても記憶が曖昧な部分が出てくると思いませんか?

【履歴書に記載する項目】

●具体的な業績:○○製剤のエリアシェアを○%UPさせた

●社内評価:○○という社内表彰を受賞している

●経験値:○○大学を担当しKOL対応の経験を有している

●知識:○○領域での経験が○年ある

●人柄:仕事に対する考え方

事前に履歴書の下書きを作っておくと、自分に不足している業績や職歴も見えるようになるので、一石二鳥です。

メモ書き程度からでOKですので、早速とりかかってみましょう。

需要にマッチした人材になる努力をする

転職需要を把握してから自身の履歴書を下書きしてみると、このような点に気付くと思います。

読者の方
読者の方
○○の部分は記載できることがない・・。

今の時点で落ち込む必要はありません!現時点で気付くことができただけでもOKです。

これから現在の仕事で自分に足りない能力・成果を出せるように努力していきましょう!

ちなみに、製薬会社で人材採用を行っている知人に話を聞いたところ、キャリア採用の面接でこんな発言をした人は基本的に落とすと言っていました。

転職希望者
転職希望者
今と環境を変えて、御社であれば成長できると思っています

即戦力が欲しいのに、「環境を変えれば成長できるかもしれない」という甘い考えの人材は不要というのが人事の本音みたいです。

ここまでご紹介したステップを踏んで、足りない能力や業績を補う努力をしている方は大丈夫なので、ぜひご参考ください。

adoption.jpeg

副業からスタートして少しずつ自分で稼げる人材になる

年功序列制が廃止に向かっていく中で、給与が階段上に上昇する将来像は描きにくくなっています。

一方で、副業解禁の流れが広がってきているため、自分のスキルや経験を活かしてプライベートの時間に「副業」を開始しておくと、最初は成果が出なくても収益化が図れるようになるかもしれません。

読者の方
読者の方
そんな簡単にできないでしょ。無理無理。

このように感じるかもしれませんが、宝くじは買った人にしか当たる可能性がないのと同じで、副業もやった人にしかチャンスは巡ってきません。

さらに、副業は「失敗しても経験値が残る」という特典付きです。

副業と聞くとハードルが高く感じてしまいますが、ブログ・インスタグラムで収益化している方は非常に多いので、皆さんの眠っている才能をダメ元で試してみてはいかがでしょうか?

ブログに関心をお持ちの方は、私が行った開設方法を以下の記事で紹介していますのでご参考ください。

知識ゼロの筆者が実践!初心者がブログを始める方法

具体的な副業の候補に関してはリベラルアーツ大学Youtube等で詳しく解説されていますので、興味のある方は是非ご覧ください。

読者の方からいただいたコメント

最後に、製薬業界で活躍されている同業の方がどのように考えているかを参考にしたい方向けに、読者の方からのコメントをご紹介します。

Mr.midnightさん
Mr.midnightさん
一つの会社で勤め上げるのも大事な事ですし、外の環境を求めてキャリア形成する事も同じくらい大事な事ですよね~。どちらも大事なことは将来を見据えて弛まぬ努力をしているか?なのかなぁと思ってます。

コメントありがとうございます!ものすごく共感します。努力(準備)をしている人にはチャンスが訪れるので、早めから将来を見据えることはとても大事ですね!

ざつさん
ざつさん
成長機会を待っていても変わらないので、自分から作るくらいの活動が時には必要ですよね。できないを言い訳にせず、どうやったらできるか、そのために必要なスキルや人脈を常に作っておきたいものです!

コメントありがとうございます!ざつさんは、キャリアアップにつながる転職経験がとても豊富なので、説得力が高いですね!Webスキルに関して先日お話ししたところですが、必要なスキル獲得や人脈作りに自ら動きだす点を私も真似していきたいなと思ってます。

まとめ

製薬業界で今後も生き残っていくために、今回は3つの観点をご紹介しました。

●会社から「あなたには残って欲しい」と思われる人材になる選択肢をつくる

●他社から「転職で入社して欲しい」と思われる人材になる選択肢をつくる

●副業からスタートして少しずつ自分で稼げる人材になる選択肢をつくる

先を見越しで早めに行動している方は、結果的に自分が選択権を持つ人生を歩み続けることができるのではないかと思います。

自分が主導権を持って選択できるように、準備を進めていくと良いと思います。

転職エージェントに興味を持った方は、こちらがおすすめですよ。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

記事内にご紹介した関連記事を下記に記載しますので、興味があれば是非ご覧ください。

MRのキャリア形成に関して興味のある方は、以下記事で詳しくご紹介しています。

転職に関する記事をもう少しご覧になりたい方は以下記事をどうぞ。

当ブログでは生活費の見直しに関して以下記事をオススメしています。

もし今回の記事を「いいね!」と思っていただけた方は、ポチっとクリック(応援)してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 病気ブログ 医療従事者・MRへ
にほんブログ村