製薬&雑学

医者に多い趣味TOP10!現役MRの経験談からランキング解説

title.jpeg

皆さんはどんな趣味をお持ちでしょうか?

筆者は製薬会社でMRをしていますが、担当先で仕事の話題から派生して趣味の話題になり、お誘いをいただくことがよくあります。

10年以上この業界にいると、医師に多い趣味の傾向があるように感じますので、私見で医師に多い趣味TOP10をまとめてみました。

【追記】Twitterで多くの現役MRの方から、「お付合い」の経験談コメントをいただいたのでリアルな声を掲載しました。

ぜひ楽しんで最後までご覧ください。

現役MRさんが医師とお付合いで経験した趣味(過去)

Twitterのフォロワーさんからいただいたコメントを最初にご紹介します!

リアルな経験談が面白すぎて、みなさんのコメントだけでもお腹いっぱいになるかもしれません。笑

Mr.Midnightさん
Mr.Midnightさん
麻雀・自転車・家庭農園・キャンプ・マラソン・ファスティング・ワイン・家電探索・料理・車・・・キリないな。笑
Mr.Midnightさん
Mr.Midnightさん
医局でモンハンしたのも良い思い出・・・笑
ダース・恥ディアスさん
ダース・恥ディアスさん
もともと備えてた、麻雀・バイクで生き残ってます
ねねねさん
ねねねさん
精神科を訪問していた時に、将棋を指しながら薬の話をする先生がおりました。すぐ負ける、いつも同じだと先生から見放されるのではと、戦法や囲いなど覚えた過去。めっちゃ使ってくれた!戦法をコロコロ変える、長引かせて話の時間を増やす、たまに勝って使ってね!とお願いしてました
ウル@ネコMRさん
ウル@ネコMRさん
ダーツかなぁ~。付き合いで始めた感じでマイダーツも買いましたが、もうどこにあるかすら分かりません笑
クマノミさん
クマノミさん
最近は年齢関わらず、登山が趣味の先生が多くなったかなと感じています!(特に女性の先生)テント背負って行かれる先生もいます。笑
コーヤンさん
コーヤンさん
ゴルフ・釣り・麻雀はよくやってたとして、プラモデル・講演の資料作り・統計データの解釈はディープでした・・・。時間を共有できることがあればなんでもやりました。プラモデルは、WW2のレシプロ戦闘機が好きな先生で、何個か作って医局に飾ってもらいましたw
ざつさん
ざつさん
先生たちと10人くらいで仲良くグルメ会(月1)やってたなぁ。あと一緒に演奏してたw演奏会聴きに行ったり、一緒にボランティア演奏したりしてました。
みーやんさん
みーやんさん
テニスを先生・先生の息子(浪人生)・私の3人でやりました(地獄)息子さんと試合させられて普通に勝ってしまうという・・・・wメールアドレスを絶対渡さない先生でしたが、これで貰えました!
匿名さん
匿名さん
ゴルフ、フットサル、マラソン、プチ登山あたりは参加していました!!ゴルフコンペ年6回参加したりとか今じゃ考えられないです。笑
匿名さん
匿名さん
先生とのお付き合いで買ったもの。ゴルフセット(総額15万くらい)、フットサルセット(総額8万くらい)、ロードバイクセット(総額35万くらい)こんなところでしょうかwあとは謎な先生が占いにハマっていて、一時期一緒に勉強しました。他には、周辺セットの購入はしていないけどお付合いダイビングがありました。

【No.1】ゴルフ

ダントツで医療関係者に多い趣味です。

医師は有名ゴルフ場の会員権を持っている方も多く、病院や医院のコンペを主催している場合もあります。

しかし、30代くらいの比較的若い医師になると、ゴルフをする人は減ってきているような印象があります。

MRは40代以上であれば世代的にゴルフ必須の時代でしたので、上手な方では80を切る方も珍しくありません。

ベテランMRさん
ベテランMRさん
昔は会社の経費で散々ゴルフに行ったよ
ベテランMRさん
ベテランMRさん
昔は宿泊でゴルフ旅行によく行ったもんだよ

ベテランの方は、このような話のエピソードは山ほど持っているはずです。

ちなみに、仕事での接待ゴルフでは、こんなご意見もありました。

読者のMRさん
読者のMRさん
スコアが良すぎても悪すぎても相手の機嫌が悪い得意先は大変だった・・。

ちなみに私はスコア130前後の素人ですが、それでもちゃんと誘っていただく機会はあるので、必ず上手である必要はないと信じてます。笑

「ルールとマナーを把握して、球を前に飛ばす」これだけできれば最低限OKです。

ゴルフは楽しいので、ハマる方も多いですよ。

【No.2】テニス

ゴルフに次いで多い趣味だと思います。

テニスのレッスンに行くと医師と一緒だった」という話はよくあります。

学生時代にテニスで進学するほど上手なMRさんは、個別に担当先の医療関係者をレッスンしている事例も過去にありました。

また、病院や医師の仲間内でテニスをしている話を聞きつけて、テニスを始めたMRの方も少なくありません。

初心者~中級者の仲間で楽しむような雰囲気が多く、和やかなケースがほとんどです。

私の仲が良いMRさんからテニスのエピソードを聞いたところ、以下の苦い経験談を教えてもらいました。

MRさん
MRさん
大事な先生だったので、テニス未経験でも無理して参加したら、練習や合宿が定期的に開催されて大変だった・・。

何事も無理しない程度が大事なのかもしれませんね・・。

【No.3】釣り

テニスとどちらを2番目に書くか迷うくらい、これも多い趣味です。

釣りと言っても「海で船釣り」「陸から海釣り」「渓流釣り」「ヘラブナ」など、他にも釣りの種類は多種多様です。

釣りが趣味と言っても「何釣りをメインでしているの?」と聞かないと趣味が合わなかったりします。

私の周りでは「船で海釣り」をする人が多かった印象です。

船だと予算は1回で1万円~1万5千円ほどかかりますが、効率的に釣れるので私も好きです。

実際、鯛やカツオ、ブリ・ハマチなどの青物が釣れた時はとても楽しいです。

逆にネガティブな意見として、釣りに苦い思い出がある先輩MRのご意見をご紹介します。

先輩MR
先輩MR
日曜日の朝3時出発で、1日釣りに付き合って帰宅が20時頃になった時は、帰って魚を捌く気にもなれず翌日の仕事も疲労困憊で大変だった・・。

色々な経験をしているみたいですね。苦笑

ちなみに私は仕事の関係で釣りを始めまてからハマって、今では趣味で子供と一緒に釣りに出かけることもあります。

【No.4】マラソン

マラソンも非常に多い趣味です。

「○○マラソンに毎年エントリーしているよ!」

「毎朝10km走るのが日課です」

という医師は多く、開業医さんの場合はクリニックの待合に完走記録を飾っているところもあるので分かりやすいです。

ここまでご紹介した趣味とは違って明らかに体力勝負の趣味になりますので、もし「一緒にやる?」と誘われた時に引き受けるにはある程度の覚悟がいります。笑

知人のMRさんは、「マラソン未経験」「走る習慣なし」でしたが、担当先の医師に誘われたことをきっかけに気合と根性でフルマラソンを完走し、それからハマってホノルルマラソンにプライベートで参加して完走したという方もおられました。

趣味は「きっかけ」が大事と言いますが、まさに好事例ですね!

ちなみに私は長距離を走ることは苦手なので、誘われても全て断ってきました・・。

【No.5】グルメ

グルメ情報に詳しい方は医療関係者・MRともに多いです。

MRは過去に接待ができていた時代の名残りかもしれませんね。

ミシュラン星付きの有名店に行くと、必ず医療関係者がいるという時代もありました。

MR
MR
○月○日に2名で予約したいのですが、既に製薬会社の予約は何社か入っていますか?

接待が可能だった時代では、こんな事前確認が必須でした。(懐かしい・・)

医師は、食事も勿論ですが「ワイン」「日本酒」に詳しい方も多いです。

私が新人時代に、接待で店員が勝手にワインリストを持参してきた時は、予算オーバーしないかとヒヤ汗をかいた経験があります。

美味しい食事は知っていて損がありませんので、担当している県内の情報は知っておくと便利ですよ。

当ブログでは京都・大阪・淡路島のグルメ情報をまとめていますので、よければご参考ください。

【京都】地元民がリピート使いする有名グルメ!失敗しない名店をジャンル別紹介

【大阪】地元民が普段リピート使いする有名グルメ!失敗しない名店をジャンル別に紹介

淡路島に子連れでリピート訪問したいお店&観光地を紹介!失敗しない名所

【No.6】車

車好きの医師は多く、基本的に外車率が高いです。

「メルセデス・BMW・Audi・LEXUS」が多く、他にはフェアレディZも見かける機会が多いです。

病院の職員駐車場には高級車がズラーっと並んでいるので迫力がありますよ。

ちなみにMRの方も、外車を乗っている方は珍しくありません。

私有車のAudiで営業している方は外資系メーカーに多い印象で、実際に何人も見かけます。

【No.7】サッカー

比較的年齢の若い医師、MRに多い趣味です。

前半で述べた趣味は年齢層が高めの方が多い趣味でしたが、若手の先生はサッカーが趣味で、試合を観戦に行くという方や、海外のサッカーにとても詳しい方とお会いする機会が増えてきました。

MRでは「フットサル」を仲間同士でやっているケースもありますよ。

日本代表の試合があると普段は遅くまで仕事している先生が

医師
医師
今日はサッカーの試合を見たいので早く帰ります!

このように楽しそうに帰宅していく姿をみて、和んだ経験があります。

【No.8】演奏

楽器を演奏する趣味を持つ医師は一定数おられます。

医師との雑談で、私はこんな質問をすることがあります。

メディ太
メディ太
自分の子供にどんな習い事を勧めるか迷ってます。幼少期の習い事はどんなことしてましたか?
医師
医師
バイオリンをやっていましたね
医師
医師
ピアノをしていましたね

こんな回答はよく返ってきます。

家柄も良い方が多いので、音楽関係の習い事を幼少期にしている方が、大人になってから趣味で再開するケースがあるみたいです。

学会の懇親会でプチ演奏を医師がするような場も提供されている話も聞いたことがあります。

この辺の趣味は、お付合いで安易にできるものではありませんが、発表会に誘われたMRさんが何社も休日に参加するケースは今でもあります。

【No.9】投資

株式投資をはじめとした資産運用を趣味としている方も多いです。

収入が多い分、選択の余地が多いということもあるのでしょうか。

株・不動産の話をすると盛り上がった医師はこれまで何人もいましたので、勉強しておけば自身の資産形成と仕事にも役立ちますよ。

私も半分趣味で資産運用を勉強しながら株式投資を中心に行っています。

当ブログでは資産運用の記事も書いていますので、興味のある方は是非ご覧ください。

【No.10】仕事

毎日昼夜関係なく「仕事=生活」としている医療関係者の方にはこれまで何人もお会いしてきました。

私生活の自由な時間をほぼ患者さん・医療の為に費やして、それを全く苦に感じることなく生きがいにしているという方医師はたくさんおられます。

社会貢献への姿勢に純粋に尊敬するとともに、私はMRの仕事や考え方自体を見つめ直すようになりました。

まとめ

趣味を10個挙げてみましたが、いかがでしたか?

私見ですが、医療関係者は「1つの趣味をずっとハマって追及していく」タイプの方が多い印象を持っています。

職業柄、専門の道を極めている方々なので、もしかすると趣味も広く浅くよりも狭く深く極めていく方が多くなるのかもしれません。

MRも、今回の10個のどれかを趣味に持つ方は多いと思いますし、始めたきっかけは仕事関係でも、そこから本当に好きでハマるということはよくあります。

接点を持ちたい方は、この記事を参考に趣味を始めてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

関連記事を以下にご紹介していますので、是非ご覧ください。

MRという仕事の「やりがい」と「辛いこと」を10個ご紹介しています。

https://meditabrog.com/rewardingandhardship/

私が若手社員に戻れたとしたら必ず買うものをランキング形式で10個ご紹介しています。

最新のアンメットメディカルニーズ調査結果を解説しています。

大事な顧客の性格や好みを知るコツをご紹介しています。

もし今回の記事を「いいね!」を思っていただけた方は、ポチっとクリック(応援)してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 病気ブログ 医療従事者・MRへ
にほんブログ村