家計見直し

【家計簿 エクセル】お金の管理をエクセルで簡単に自作する方法を解説!

title.jpeg

皆さは家計簿の管理はしていますか?

これまで私は、貯金ができずにこんな悲惨な状況が続いていました。

筆者
筆者
なぜお金が貯まらないんだ!!!

実際、毎月の収入よりも支出が上回り、ボーナスでギリギリ補充されて1年をやりくりするという状況が続きました・・。

しかし、子供が産まれて「これではいけない」と一念発起し、エクセル家計簿を自作したことで、家計の支出改善箇所を把握することができました。

その結果、貯蓄&投資に回せる資金は「対年収で25%」「税引き後収入で29%」まで改善できました。

家計見直しは時間も手間もかかるので大変ですが、時間に対する効果は大きいと思います。

そこで今回は、私が作成した実際のエクセル画像をもとに、家計管理方法をご紹介していきます。

家計簿エクセル表の全体イメージ

まずはエクセル表の全体像イメージを解説します。

私が運用しているのは以下の4つです。

筆者の家計簿エクセル表の4項目

月間収支表⇒月の「収入」「支出」のバランスをチェックする

月間支出表⇒月の「支出内訳」をチェックする

賞与(ボーナス)収支表⇒賞与(ボーナス)の「収入」「支出」のバランスをチェックする

賞与(ボーナス)支出表⇒月の「支出内訳」をチェックする

それぞれの項目について解説します!

【月間収支表】家計簿エクセル表の作成方法と使い方

月間の収支は、左部にある「収入(月)」「支出(月)」の2つで確認しています。

●目的⇒月間損益バランスを把握すること。

※右の「支出内訳(月)」は後述します。

「収入(月)」「支出(月)」のポイントは以下の通りです。

「収入(月)」「支出(月)」のポイント

収入(月)⇒給与明細の収入部分を転記する。(毎月入力が苦手な方は、直近数ヶ月で少ない金額の月収を入れるだけでOKです)

支出(月)⇒右側の「支出内訳(月)」の合計額を自動反映するように関数を設定するだけでOKです。

ちなみに私は、月間収支はちょうど±0になるように調整しています。

【例】収入(月)60万:支出(月)60万

【月間支出】家計簿エクセル表の作成方法と使い方

月間の支出費用を全て記載しましょう!(年払い・半年払いの費用も月額換算して計上しています。)

●目的⇒月の支出を項目ごとに全て把握すること。

「支出内訳(月)」のポイントは以下の通りです。

チェックポイント

税金/給与天引⇒基本的に給与明細の内容に準じて転記すればOKです。

住居費⇒家賃・駐車場・光熱費など、住居に関連する費用です。(毎月入力が手間な方は金額の変動しやすい電気・ガス・水道などは直近で最も高い月に合わせて入力でOKです)

教育費⇒学費・交通費・教材費・給食費・習い事費用などを入力しています。

月払⇒保険料・カード年会費・サイト会員費・通信費など、毎月引き落としのある費用を入力しています。

貯蓄/投資⇒貯蓄や投資資金を「費用」としてわざと先取りで計上しています。

生活費⇒食費・日用品・雑貨などの変動費です。収入から上記5項目を引いた残りを生活費枠として設定しています。

支出項目を入力してから最後に生活費の残額を見た際、どのように感じたかで家計見直しの必要度が変わってくると思います。

全然生活費足りないよ」→金額の大きい他の支出項目から費用を削減しましょう!

ちょうどかな」→もう少し見直しできる余地がないか確認してみましょう!

かなり予算余ったな」→生活費を大きくしすぎても良くないので、もう少し貯蓄や投資に回すお金を増やしてみませんか?

lecture.jpeg

【賞与(ボーナス) 収支】家計簿エクセル表の作成方法と使い方

賞与は月々の収支とは別で管理しています。

理由は、賞与額は業績や会社方針で受け金額が変動するため、「○○円くらいかな」と事前に金額を予想してしますと後からズレが生じてしまうからです。

●目的⇒ボーナスの収支バランスを把握すること。

「特別収入」「特別支出」のポイントは以下の通りです。

チェックポイント

特別収入⇒賞与明細の収入部分を転記するだけでOKです。

特別支出⇒右側の「ボーナス支出内訳」の支出額合計を自動反映するように関数を設定するだけでOKです。

【賞与(ボーナス)支出】家計簿エクセル表の作成方法と使い方

賞与の支出費用を全て記載しましょう!

●目的⇒賞与の支出を項目ごとに全て把握すること。

「ボーナス支出内訳」のポイントは以下の通りです。

チェックポイント

税金/天引き⇒基本的に賞与明細の内容に準じて転記すればOKです。

車検関連費⇒車検や自動車税の費用を事前にここで確保しています。(月の収支に計上すると計算が煩雑になるため)

特別支出用現金⇒貯蓄に加え、病気・冠婚葬祭・贈答品・急な出費のお金を入れます。(最初に貯蓄を先取り入力するこことがオススメです)

旅行/イベント⇒家族でリフレッシュ目的のお出かけ用費用です。

妻雑費⇒私の過程は妻が専業主婦のため、妻が自由に使うお金をここで確保しています。

子供雑費⇒子供の服や誕生日プレゼントなど、必要なものを買う費用にしています。

筆者が家計簿エクセル表を作成してからの収支ビフォーアフター

家計見直しを行う前(2019年4月)と後(2021年4月)を比較しました。

分かりやすくするために、先ほどの家計簿からさらに支出項目を細かく7つに分けて、月間の費用比率を算出しています。

家計簿ビフォーアフターの細かな内訳を知りたい方はこちらの記事で解説しています。

まとめ

この記事では、エクセルで家計簿を自作する方法をご紹介しました。

家計簿で大事なのは「入力することが目的にならないようにすること」だと思います。

「現状把握⇒改善余地のある箇所を特定⇒見直し」の流れを意識して取り組みましょう。

家計簿エクセル表の4項目

月間収支表⇒月の「収入」「支出」のバランスをチェックする

月間支出表⇒月の「支出内訳」をチェックする

賞与(ボーナス)収支表⇒賞与(ボーナス)の「収入」「支出」のバランスをチェックする

賞与(ボーナス)支出表⇒月の「支出内訳」をチェックする

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

【関連の記事】

金額の大きい「税金」「保険」を中心に、見直しポイントを私見で解説しています。

楽天ポイントのお得な使い方について解説しています。

家計の見直しを総合的に学びたい方はこちらの書籍がオススメです。


もし今回の記事を「いいね!」を思っていただけた方は、ポチっとクリック(応援)してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村