株式投資

つみたてNISA体験談!初心者に必須知識とオススメ投資先

title.jpeg

最近はマネーリテラシーや株式投資の話が話題にあがることがふえてきたことで、株式投資に興味を持った方もおられると思います。

株式投資を始める時は、多くの方が最初に利用するのが「NISA制度」だと思います。

非課税制度としてお得なこの制度の中でも「つみたてNISA」は老後資金問題を解決してくれるとても優秀な制度だと思います。

そこで、今回は下記の方向けに「つみたてNISA」の概要をご紹介します。

読者の方
読者の方
つみたてNISAの運用はどうすればいいの?
読者の方
読者の方
つみたてNISAの口座を開設したけど、どうすればいいの?

日本の大多数は株式投資をしていない層になりますので、証券口座を開設しているだけでも一歩・二歩リードしているので大丈夫です!

長期運用の視点で株式投資を始めたい方にオススメの制度ですので、株式投資を開始する場合は、ぜひ利用しましょう。

つみたてNISAとは??

2018年1月から開始した、積立投資を目的とした「少額投資非課税制度」のことです。

読者の方
読者の方
そんな漢字ばっかりの堅い話、わからないよ!

すいません。忘れていただいても大丈夫です!笑

ざっくり説明すると、年金問題などを背景に「国」が現役世代の方々に自分で安定的に資産形成ができる仕組みを用意したのが、つみたてNISA(NISA制度)になります。

ちょっと厳しい捉え方をすると、こんな解釈もできます。(私見)

国
国の公的制度だけで将来の老後を完璧に保障できないよ。資産形成でメリットのある制度を用意したので自分で老後資金を準備してね

つみたてNISAのポイントは以下の通りです。

●非課税投資上限額は年間40万円まで

●非課税保有期間は20年間

●金融庁が選定した、比較的質の良い投資商品から選択可能

●長期投資を前提に設計

つみたてNISAと一般NISAの違いは?

NISA制度にも種類があり、「一般NISA」「つみたてNISA」があります。

1人のNISA口座につき、どちらか一方しか選択できません!

年間40万円を最大20年間非課税で運用できる制度で、「長期・分散・積立」を実現しやすい制度です。

一般NISAとつみたてNISAの違いは以下をご覧ください。

一般NISA新NISAつみたてNISA
年齢20歳以上20歳以上20歳以上
投資期間~2023年2024年~2028年~2042年
投資上限額年間120万円年間20万円(1階)
年間102万円(2階)
年間40万円
非課税期間5年間5年間20年間
対象商品上場株、投信
ETF、REIT
1階:投信、ETF
※規定を満たしたもの
2階:上場株、投信
ETF、REIT
投信、ETF
※規定を満たしたもの

2024年の新NISA制度開始に伴い、一般NISAは2階建てのシステムに変更となります。

1階:年間投資上限額20万円(投資信託等が対象)

2階:年間投資上限額102万円(上場株・投資信託など)

原則、1階を利用しなければ2階の非課税枠は利用できない。

NISA口座での非課税期間は通常5年間ですが、所定の手続きを行うことで保有している有価証券を翌年のNISA枠に移し、非課税期間を最大10年まで延長する「ロールオーバー」という方法もあります。(つみたてNISAにはありませんので、わからない方は無視して大丈夫です。)

「一般NISA」「つみたてNISA」のどちらかを運用開始した年は、利用枠が残っていても途中で変更することができません。

不可の事例)2020年1月~6月に一般NISAで20万円投資→2020年6月~つみたてNISAで残り20万円分を利用する途中でをすでに購入した

最近は、つみたてNISAが若い方を中心に増加傾向にあります。

つみたてNISAの運用イメージ

つみたてNISAでは、毎月33,333円(年間40万円)をコツコツ積み立て、長期目線で投資していきましょう。

1人1口座開設できますので、もしパートナーがいる場合は月33,333円(年40万)×2名を20年間運用し、月3~6万円はこれで家計の投資枠が埋まりますね!

以下からは、毎月定額でコツコツ長期運用をなぜ「国」が制度として支援しているかの理由をご紹介します。(興味がなければ次の項目へ飛ばしてください。)

長期間運用の特徴

長期運用することで元本割れを起こすリスクが低減されます。

20年以上の投資期間で資産・地域を分散させると運用成績は収束し、マイナスにならなかったというデータがあります。

注意点として、資産・地域を分散した良質な投資商品に運用した場合となります。

つまり、長期間運用する程リスク(リターンの変動幅)は小さくなります。

investment.jpeg

定額積み立ての特徴

定額を毎月コツコツ積み立てる方法は、リスクに備える投資法になります。

この方法を「ドルコスト平均法」と呼ばれています。(興味がなければ忘れても大丈夫です)

未来の株価は予測が難しいですが、定額積立をすることで株価が高い時は少数の株を購入し、株価が安い時は多めの株を購入することが可能です。

つまり、購入単価を比較的平均的な値に収束しやすくなる方法です。

定額積み立ては長期投資の「つみたてNISA」と非常に相性が良く、S&P500(米国)などの有名な株価指数と連動する投資商品を選択する場合には最適解と言えるのではないでしょうか。(インデックス投資)

長期定額積み立てのメリット

購入タイミングを株価に合わせてタイミングを図る必要性がなく、自分の収入と支出の範囲内でコツコツ継続しやすい点がメリットです。

銘柄を選定し、月々の購入額・購入日を設定しておけば、あとは20年間放置でもOKです。

「20年後に元本が増えていればOK」という考え方になるので日々の値動きを気にする必要がなく、私は1~2ヵ月に1回程度しか運用状況を確認しません。

読者の方
読者の方
月1万円くらいの少額だったら意味がない?

こんな疑問を抱くかもしれませんが、少額でも長期であれば複利の効果は得られるので地道に継続していきましょう。

投資元本は大きい方が有利ではあるものの、少額でも全く意味がないということはありませんよ。

仮に1万円を20年間、年率3%で運用できれば328万円の積立額となり、そのうち88万円は運用益になります。

若い方であれば、少額でも長期運用で複利の力を使って資産を拡大させることが可能です。

「そんなに大金を毎月投資できないから意味がない」と思わずに、コツコツ続けていきましょう。

長期定額積み立ての注意点

長期定額の積立方法は誰にでも実践しやすい一方で、注意点もありますのでご紹介します。

①長期的に右肩下がりの商品では利益が出にくい

そもそも長期トレンドがずーっと右肩下がりの投資商品であれば利益を得られない可能性があります。

米国・全世界・先進国などの長期的に右肩上がりが期待できる指数に連動したインデックスを中心に検討してみましょう。

機会損失の懸念がある

手元に資金が多く残っている場合は、現金保有する期間が発生し、機会損失になります。

もし手元に40万円ある場合、1月の最初の営業日に全額運用に回す(一括投資)か、毎月3万3千円に分散して運用するか(ドルコスト平均法)を投資効率だけで考えると、前者の一括投資の方が効率的です。

それは、手元で現金として眠っている期間が短いからです。

逆に、市場が暴落した時の損失も一括投資の方が多くなるので一長一短ですが、「機会損失」という考え方があることも知っておくようにしましょう。

③タイミングを図る必要のある商品には向かない

高配当株や高配当ETFは高利回り(平均取得単価を下げる)を目的に、株価が下がったタイミングや保有単価を下回ったタイミングを狙って購入するため、購入手法が異なります。

このような商品に対してドルコスト平均法で積立すると、保有単価を下回っている時は良いですが、株価が上昇している(利回りが下がっている時期)にも積立することになるため、目的の高配当が得られない可能性があるため、不向きです。

つみたてNISAを利用するポイント

前の項目で触れた点を踏まえて、つみたてNISAで運用する際の大事なポイントを7つ挙げます。

①手数料が安いものを選ぶ

②長期的(20年)に右肩上がりの可能性がある商品を選ぶ

③リスク分散された商品を選ぶ

④機械的にコツコツ毎月積み立てる(月33,333円)

⑤購入を設定して口座に資金を入れた後は値動きを見ない

⑥運用額が大きいものを選ぶ

⑦オススメ証券口座は楽天証券(ポイント還元率)

ちゃんと上記を満たす方法で投資商品を選択し、購入設定できればあとは放置でOKです。

実際に私は、3ヶ月~半年に1回程度しかチェックしていないです。(投資余力の残高確認がメイン)

投資信託とは?

つみたてNISAの特徴を把握したら、次は投資商品の選択です。

私たちのような投資初心者がいきなりプロのように株の売買で収益を得ることは難しいですが、初心者がプロに任せて平均的な運用利益を得る方法として「投資信託・ETFへの投資」があります。

つみたてNISAでは「投資信託」と「ETF」のどちらも選択できますが、私は投資信託が良いと思います。

両者の特徴をご紹介します。

ざっくり言うと、株の盛り合わせセットとして「投資信託」「ETF」という種類があるというイメージで大丈夫です。

【投資信託】

●特徴

投資家から集めた資金を元手に専門家が様々な商品(株式・債券など)に投資して運用してくれます。値上がり益、分配金が期待できます。

●メリット

初心者でも、投資信託商品の選択と購入方法を正しく行えば、専門家に劣らない運用成果を得られる可能性があります。商品数が非常に多いです。

●デメリット

値下がりリスクがあります。また、手数料が異常に高いものや、割りに合わないボッタクリ商品もあるので注意が必要です。

ETF】

●内容

投資信託ではあるが、証券取引所に上場しているため株式のように売り買いができます。値上がり益、分配金が期待できます。

●メリット

ファンドの運用額が大きく手数料も安価なものが多いです。(米国ETF)

商品自体は投資信託と類似していますが、株式と同じように証券市場で売買取引ができます。また、投資信託とは異なり、金や不動産など幅広い商品が存在します。

●デメリット

値下がりリスク・上場廃止リスクがあります。商品の幅は広い反面、商品数は投資信託と比較すると少ないです。NISAで購入した場合、分配金は自動再投資されず再投資すると非課税枠から外れます。

投資商品の選択する際の基準

投資商品を選択する際に大事な判断基準をご紹介します。

基本的な情報は、各投資商品の目論見書や運用報告書をチェックすれば把握できます。

投資商品の構成(分散性)

分散された商品を選択しましょう。

「全世界株」「先進国株」「新興国株」「国内株」「先進国債券」「新興国債券」「国内債券」「株式+債券」「REIT」「資産バランス型」など多種多様なラインナップがあります。

分散の例をご紹介します。

●地域:全世界、先進国、新興国、国内など

●種類:株式、債券、REITなど

●銘柄数:米国株約500銘柄を対象、米国株3500銘柄以上を対象など

投資先がどんな構成内容か?を把握することが大切です。

investment.jpeg

投資商品の手数料(信託報酬など)

運用期間中には信託報酬などの手数料が発生しますので、できるだけ安価なものを選択することが大事です。

手数料の利率1%の差が長期的には大きな金額の差になりますので、手数料の安い、優良な投資商品を選択することが大事です。

読者の方
読者の方
信託報酬の数%ってそんなに大きい差なの?

こんな疑問が浮かぶと思いますので、実際の数値で試算してみましょう。

信託報酬は保有中に常にかかるコストになりますので、保有期間が長期になるほど「塵も積もれば山となる」ということをイメージしていただけると思います。

信託報酬の試算

●前提条件:投資金額が100万円、信託報酬0.1%(年率)

●信託報酬:100万円×0.001(手数料0.1%)=1,000円

●税額:1,000円×0.1(10%)=100円

●1年間に要する手数料:1,100円

信託報酬の試算

●前提条件:投資金額が100万円、信託報酬0.5%(年率)

●信託報酬:100万円×0.005(手数料0.5%)=5,000円

●税額:5,000円×0.1(10%)=500円

●1年間に要する手数料:5,500円

信託報酬の試算

●前提条件:投資金額が100万円、信託報酬1.0%(年率)

●信託報酬:100万円×0.01(手数料1.0%)=10,000円

●税額:10,000円×0.1(10%)=1,000円

●1年間に要する手数料11,000円

信託報酬の試算

●前提条件:投資金額が100万円、信託報酬1.5%(年率)

●信託報酬:100万円×0.015(手数料1.5%)=15,000円

●税額:15,000円×0.1(10%)=1,500円

●1年間に要する手数料:16,500円

個人的には、インデックスファンドの信託報酬は0.3%未満から選ぶようにしています。

ちなみに、信託報酬は年率で記載されていますが、実際には日割りされて毎日1回基準価額が計算されるときに費用として支払われています。

分配金の再投資

複利効果を得るためには、分配金を再投資が良いとされています。

投資信託購入時に「再投資型」を選択しましょう。

余談ですが、高配当ETFをNISAでする場合、配当金が非課税から外れるため再投資効率が落ちるということもあります。

オススメの投資信託は?

ここまでご覧いただいている方はこのように思っていると思います。

読者の方
読者の方
オススメの投資信託を早く教えてよ!

こう思われた方に、あくまで参考例としてご紹介します。

あくまで「私見」で候補にするものであり、利益の保証や購入を推奨する意図はありません。元本割れの可能性がありますので、最終判断は自己責任でお願いします。

全世界株

全世界(先進国、新興国)へ広く株式分散投資を行っています。簡単に言うと今よりも10年、20年先に世界規模で成長していると思うなら購入する商品になります。

私であれば、管理費用・純資産総額・トラッキングエラーの観点で以下4つを候補に考えます。

eMAXIS Slim全世界株式

●楽天・全世界株式インデックス・ファンド

どちらも世界に広く分散していますが、分散性だけで考えると楽天全世界株式の方が広く投資対象を扱っています。(手数料は高い)

画像の拡大リンク先はこちら

全世界と言っても、実際は約50%程度米国株式が入っていますので、米国ファンドと格段に違う運用成績にはならない確率の方が高いです。

米国株

米国株では、「S&P500」と言う世界で最も有名な指数に連動するインデックスファンドへ投資する方が多い印象です。

ざっくり言うとS&P500は米国を代表する500社で構成されており、米国市場の約80%に投資していることになります。

管理費用・純資産総額・トラッキングエラーの観点から以下3つの候補であれば、大差ない成績が見込めるのではないでしょうか。

●SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

●楽天・全米株式インデックス・ファンド

低コスト重視であれば「SBI・バンガード」or「eMAXIS Slim米国株」、より広く分散投資したい場合は「楽天・全米株」の判断軸もありですね。

SBI・バンガードを取り扱っていない証券会社もあります。

画像の拡大リンク先はこちら

先進国株

全世界株は新興国も含んでいましたが、こちらは先進国に限定しています。

全世界株よりも純資産総額の大きいファンドが複数存在することから、根強い人気があると推察します。

盲点なのは、先進国というカテゴリーに中国が入っていないということです。

先進国と言いながら、70%前後は米国株が占めているファンドが多いです。

中国は新興国の扱いになりますので、先進国株からは除外されています。

管理費用・純資産総額・トラッキングエラーの観点で以下2つから、好みに合うものを選んでみてはいかがでしょうか。

ニッセイ外国株式インデックスファンド

eMAXIS Slim先進国株式インデックス

画像の拡大リンク先はこちら

バランス系

おまけ情報として、投資対象の資産を株式以外にも分散できる投資信託の「バランスファンド」をご紹介します。

個人的には好みの配分は自分で調整したいと考えているのでオススメしているわけではありませんが、参考程度にご覧ください。

様々な資産に均等に投資し、リスク分散が可能です。これ1つで複数の資産に投資できます。

●eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

●ニッセイ・インデックスバランスF 4資産均等型

※2つの違いは、新興国株・新興国債券・国内REIT・先進国REITが入っているかいないか?と、各資産に対する配分比率です。

証券口座での購入手順

証券口座で購入する方法は、楽天証券とSBI証券の公式リンクをご紹介します。

楽天証券公式サイト内の手順開設リンクはこちら

SBI証券「設定画面への銘柄追加方法」リンクはこちら

SBI証券「買付注文入力」リンクはこちら

これから新規で口座を開設する方は、つみたてNISAであれば「楽天証券」がオススメです。

理由は、つみたてNISAの毎月支払いを楽天カード決済可能なので、毎月1%はポイント還元の恩恵をうけることができるからです!(上限は月5万円まで)。

まとめ

つみたてNISAに関して概要をご紹介しました。

税制優遇もある非常にメリットの大きい制度になりますので、株式投資をする方は是非検討してみてはいかがでしょうか。

20年の長期投資では、途中で株式市場の暴落が発生すると思いますが、つみたてNISAは淡々と継続していくことが大切です。

そういう意味で、最初に設定されしておけば「投資していることを忘れる」「放置する」というのも重要な要素になると思います。

将来に向けて一緒に資産運用を進めていきましょう。

家計見直しや資産運用をこれから考えていきたい方は、こちらの書籍がオススメですよ。


本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

もしよければTwitterのフォローやコメントをよろしくお願いします。

関連記事は以下をご覧ください。

楽天証券とSBI証券の比較を一覧で知りたい方はこちらをどうぞ。

優良な投資信託の手数料比較や、ファンドを確認したい方は以下記事をご覧ください。

投資を開始する際には、目標額から逆算が大事ということを解説しています。

投資をする際に知っておくべき大事なルールです。

つみたてNISAの次に株式投資をする方向けの記事です。

もし今回の記事を「いいね!」を思っていただけた方は、ポチっとクリック(応援)してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村