リベ大の経験談

【リベ大書籍】お金にまつわる5つの力を解説!知識ゼロの会社員が全て実践した経験談

家計

お金について「貯める」「稼ぐ」「増やす」「守る」「使う」の5つに分けて考える方法をご存知でしょうか?

この考え方は、登録者数170万人を超えるYoutube「リベラルアーツ大学」や累計90万部を超えるベストセラー書籍「お金の大学」で有名な両学長が紹介されている考え方です。

お金にまつわる5つの力
読者の方
読者の方
普通の子持ち夫婦家計には実践できる自信がない・・。
読者の方
読者の方
両学長の方法は特殊な人しかできないよ!本当に普通の人でも可能?

このような疑問をお持ちの方がおられるかもしれません。

そこでこの記事では、子供2人の家族持ちでごく普通のサラリーマンである筆者が両学長の「お金にまつわる5つの力」の要約に加えて約2年実践してみた経験談をご紹介します。

「他の人はどうしているのかな~?」とお金について気になっている人は参考にしていただけると嬉しいです。

この記事で分かること

●お金にまつわる5つの力の要点が理解できる

●サラリーマン世帯で実践可能な行動例がイメージできる

●リベ大で推奨されているサービスを筆者が実際に使ってみた経験談がわかる

【リベ大 両学長】お金にまつわる5つの力とは?

リベラルアーツ大学の両学長が紹介しているお金にまつわる5つの力とは、「貯める」「稼ぐ」「増やす」「守る」「使う」 という5つのカテゴリーに分けて考える方法です!

貯める・稼ぐ・増やす・守る・使う

①お金を貯める⇒支出を削減する!(貯蓄率を上げる)

②お金を稼ぐ⇒収入を増やす!(給与UP・転職・投資・副業)

③お金を増やす⇒資産運用などで増やす!(将来設計に合った投資を行う)

④お金を守る⇒資産を減らさない!(詐欺などから守る)

⑤お金を使う⇒価値のある支出をする!(自己投資、経験など)

読者の方
読者の方
あまりピンとこないな・・。

こう思った方も各項目の解説は後述しますので大丈夫です!

最初の段階で認識しておく必要があることは①~⑤までの順番が重要ということです。

全ての土台となる「①貯める力」をベースに「②もっと稼ぐ⇒③さらに増やす⇒④増やした資産を守る⇒⑤人生を豊かにするために使う」というサイクルを回していくイメージを描きましょう。

お金にまつわる5つの力

【お金を貯める力】固定支出の削減を意識することが重要

「お金を貯める力」をシンプルに考えると、安定的に「収入>支出」の状態を維持することになります。

大きな穴が開いたバケツに水を入れ続けても、水が溜まっていかないのと同じイメージです。

●収入>支出⇒お金が貯まっていく。

●収入<支出⇒お金は貯まらない。

チェックポイント

●収入が減った人⇒支出項目を見直して、支出削減を行いましょう。

●収入は変わらない人⇒収入が増えなくても支出のムダを見直すことで貯蓄額UPは可能です。

●収入が増えた人⇒収入増加に比例して支出も増加しないように注意しましょう。支出削減すると貯蓄スピードが加速します。

収入と比較すると、支出は自分でコントロールできる範囲が大きいので、自分の行動が結果に反映されやすいですよ!

支出は習慣に似ているので、仕組みを変えてしまえばあとはルーチンで維持するだけです。

最初の「やる気スイッチ」がONになれば一気に進んでいきますよ。

実際に私も最初に「やるぞ!」と思い立つまでには時間を要しましたが、開始すると一気に家計が改善しました。

リベ大書籍

「支出見直し」や「お金を貯める」という話になると、こんな意見もあります。

読者の方
読者の方
支出見直し?そんなセコイことやってられないよ~!

確かに、ストレスなくお金をどんどん使いたいですよね。

知っていただきたいことは、自由に使えるお金を確保するために、無駄な出費を見直して効率的な生活を目指すということが貯める力で実現できるのです。

少しずつ着手していきましょう!

【お金を貯める力】家計見直しを実践した手順

家計見直しをやろう!と思った方は以下のステップで実施すると成功しやすくなりますよ。

家計見直しの手順

①家計収支の作成⇒現在の収入と支出の現状を正確に把握する。

②目標の設定⇒自由に使いたいお金・貯蓄・投資額を決める。

③収支と2で決めた額のバランスが取れていない場合は削減余地のある項目から順に見直しを実施する。

読者の方
読者の方
家計の現状とか把握したことない・・。

こう思った方も今から把握できるようにすればOKですよ~!

アプリで管理したいなら「マネーフォワードME」がおすすめです。

最初に設定すれば、カード等と連携してお金の出入りが自動で把握できるようになります。

エクセルで管理したい方は、参考までに私が自作している表を掲載します。

エクセル家計簿

※エクセル家計簿の詳細はこちらの記事をご覧ください。

家計収支を把握できた方で貯蓄率を計算したい場合は「源泉徴収票」を手元に用意すれば、以下の計算式で貯蓄率を把握することができます。

貯蓄率の計算方法

①年間貯蓄額を集計する

②住民税の概算を計算→(給与所得控除後の金額ー所得控除の額の合計額)×0.1

③手取り額を計算→支払金額ー源泉徴収税額ー社会保険料等の金額ー住民税

④年間貯蓄率÷手取り金額×100=貯蓄率

現状の家計収支と貯蓄率が把握できたら、次はご自身の家計目標を設定しましょう!

目標の基準がイメージしにくい方は、まず貯蓄率10%以上を目安に考え、可能であれば20%以上を目指してみてはいかがでしょうか。

【お金を貯める力】支出の見直しは固定費からスタートが効果的

支出の見直しは金額の大きな「固定費」からスタートする方が効果的だと私は考えています。

読者の方
読者の方
固定費って何?

固定費とは、常に一定に掛かる費用のことです。

例えば、飲食店を経営する時に「家賃」は売り上げ額に関わらず一定額が必要になりますので固定費となります。

これを生活費全体で考えると、収入に関わらず発生する固定費は「通信費」「生命保険料」「自動車保険料」「医療保険」「会員費」などが代表的です。

読者の方
読者の方
食費とか買い物のお金はどんな費用になるの?

こう思った方がおられるかもしれませんが、食費や急な出費などは変動費と私は考えています。

なぜなら、収入や心理状態によって支出額が変動するからです。(意図的に変動させることもできる)

固定費と変動費をまとめると以下の通りです。

固定費と変動費

●固定費⇒収入にに関わらず常に一定に掛かる費用

●変動費⇒収入に連動して増減する費用

読者の方
読者の方
なぜ固定費を減らすことが重要なの?

それは、固定費を下げた方が家計収支の黒字化する分岐点が下がりやすいので効率的と考えているからです。

また、食費などの変動費を日々気にするのはストレスの要因にもなるため、1度見直しをすればOKの固定費の方が長く継続しやすいというメリットもあります。

家計収支の固定費と変動費の分岐点に関して、イメージ図を作成してみました。

固定費削減

このように、理論上は固定費を下げる方が「収入=支出」の分岐点が左にシフトするので黒字化しやすくなります。

読者の方
読者の方
じゃあ固定費見直しからやるか!それで、何をどうすればいいの?

こう思った方は、通信費や保険見直しなど私が実践した具体例とマメ知識は記事をご覧ください。

お金を貯める

【お金を稼ぐ力】副業にチャレンジしてみる

お金を稼ぐ力とは、言葉の通り「収入を得る」能力です

お金を「稼ぐ」(収入を増やす)ということを分解してみると、以下の3つの選択肢が代表的です。

お金を稼ぐ(収入を増やす)選択肢

①今の会社で給与をUPさせる⇒時間がかかる

転職して今よりも収入をUPさせる⇒条件次第では1年以内に実現可能

副業で新たに収入を得る⇒自分次第で実現可能

それぞれ解説します。

【お金を稼ぐ力】今の会社で給与をUPさせる

1つめの選択肢は現在の給与をUPさせる方法です。

現在の仕事で給与をUPするパターンは主に以下の2つです。

①昇進・昇給で給与を増やす⇒会社や上司の評価や環境要因もあるため自分だけでコントロールしにくい。

②ボーナス額を増やす⇒仕事で成果を出し続け、業績に伴った賞与を受け取る。

①と②は独立している訳ではなく、日頃の業績が良い人ほど昇進・昇給候補になりやすい会社が多いのではないでしょうか。

自己投資を行うことで「能力UP⇒業績UP⇒昇進」のサイクルを回すことができれば理想ですね。

自分にコントロールできない要素も多いので、一喜一憂しないように注意しましょう

【お金を稼ぐ力】転職エージェントを活用して今よりも収入をUPさせる

2つめの選択肢は、好条件の転職を成功させて給与を増やす方法です。

読者の方
読者の方
簡単にそれができるなら苦労しないよ!

こんなクレームが届きそうですが、あくまで選択肢の話なので許してください。笑

良い条件で転職するには、日頃から自身の市場価値を意識したキャリア形成や成果を出すことが大事です。

なぜなら、市場は需要と供給のバランスで値段が決まるので、市場価値として希少な人材になれば必然的に好条件を引き出しやすくなるからです。

読者の方
読者の方
市場価値ってどうすればわかるの?

こう思った方は、転職エージェントに登録し、担当者と連絡を取ることをおすすめします。

求人情報が定期的に把握できるだけでなく「どんな人材が求められているのか?」「どんな成果や経験があれば良い条件を引き出しやすいか?」というアドバイスをもらうことが可能です。

私の勤務する製薬会社MRの例では、こんなケースがあります。

転職エージェント
転職エージェント
希少疾病薬で大学病院の採用経験や新規で開拓する経験がある方は有利な案件が出ていますね。

他の業種でも、再現性のある客観的なアドバイスをしてくれますよ。

読者の方
読者の方
どこの転職エージェントを利用している?

リベ大推奨の「JACリクルートメント」を私自身もお世話になっています!

すぐに転職予定がなくても気軽に情報収集できるので、登録しておくことをオススメします。

会社によっては、給与の金額が良くても福利厚生が劣っていることで実質的には年収ダウンになることもありますので注意しましょう。

転職準備や、市場価値を把握するためのエージェント登録に関する情報はこちらの記事をご覧ください。

【お金を稼ぐ力】副業で新たに収入を得る

3つめの選択肢は、副業で新たに収入を得るという方法です。

お金を稼ぐ3つの選択肢の中では、自分でコントロール可能な余地が最も大きいと思います。

読者の方
読者の方
副業って簡単に言うけどハードル高すぎ!

こう思うかもしれませんが、そんなに「副業」という言葉を難しく考えなければ気軽にスタートできる手段もありますよ。

大切なことは、「収入源を少しずつ進化させていく」というイメージを持つことだと思います。

例えば私の場合、じっくり育てる「ストック収入」をイメージして当ブログを運営しています。

読者の方
読者の方
ストック収入って何?

こう思った方は、フロー収入とストック収入の違いを下図でご覧ください。

収入源

趣味や好きなことをコツコツ継続すれば、給与収入とは別で収入基盤が築けるかもしれませんよ。

実際にブログを運営してみると、お金を稼ぐ大変さや新しい知識を学べるので良かったと思うことが多いです。

手段は多岐に渡りますので、自分にとって実践しやすいところから取り組んでみてはいかがでしょうか。

20万円以上の収入があれば確定申告が必要になります。

もし副業を会社に内緒で実施して20万円以上の収入がある場合は、住民税を普通徴収に変更しましょう。

money.jpeg

【お金を増やす力】非課税制度で長期分散投資を始めてみる

お金を増やす力とは、収入を元手に資産運用などをすることでお金を増やすことです。

まずは国が用意している非課税優遇制度の範囲内で長期分散投資に挑戦してみることをおすすめします。

具体的には、「つみたてNISA」「企業型確定拠出年金」「iDeCo」の制度を活用し、インデックス投資を検討してみましょう。

そこからさらに投資をしたい方は、特定口座でETF・投資信託・個別株を運用していく流れが良いと思います。

【お金を増やす力】最初の株式投資はつみたてNISAがおすすめ

それぞれの運用を一覧にまとめてみました。(◎○△×は筆者の私見です)

私は長期でコツコツ運用可能な「つみたてNISA」で投資信託を運用する方法がおすすめです。

つみたてNISA一般NISAiDeCo企業型
確定拠出年金
特定口座
一般口座

(通常の課税口座)
利用者日本在住の20歳以上 日本在住の20歳以上 公的年金制度に
加入する
20~60歳未満
厚生年金の
被保険者
(会社が規定)
日本在住の20歳以上
年間投資上限額40万円120万円14万4000円~
81万6000円
33万円
または
66万円
制限なし
運用可能商品金融庁が許可した
投資信託・ETF
株・投資信託・
ETF・REITなど
定期預金・保険
・投資信託
定期預金・保険
・投資信託
(会社が商品を規定)
制限なし
資産の途中引き出し可能可能60歳まで原則不可 60歳まで原則不可 可能
口座開設手数料無料無料2777円(税込)会社が負担 無料
口座管理手数料 無料 無料 年間約2000円~
7000円程度
会社が負担 無料
投資商品の
購入時掛金
税制優遇
なしなし所得控除の対象
(非課税)
自分で拠出する場合
所得控除の対象
(非課税)
なし
運用利益に
対する課税
非課税非課税非課税非課税課税
(20.315%)
非課税保有期間20年5年引き出し時まで 引き出し時まで なし
資産受け取り時の
課税計算
なしなし元本を含めて
原則課税計算対象
(控除制度あり)
元本を含めて
原則課税計算対象
(控除制度あり)
なし

【お金を増やす力】投資の不安感とリスクに対する考え方

投資における「リスク」とは、得られるリターンの変動(ブレ幅)のことを示します。

つまり、変動幅が小さければ「リスクが低い」変動幅が大きければ「リスクが高い」と言われます。

投資リスク

資産運用の話になると次のようなご意見をいただくことも少なくありません。

読者の方
読者の方
周りに投資をする人は少ないよ。リスクもあるし不要が大きい。

たしかに、日本人は投資をしていない人の方が多数派だと思います。

どうしても投資が嫌だという方は、無理をしてまで挑戦する必要はないですよ。

一方で、投資に不安があるけど興味がある方は、100円から投資信託を購入・運用できるので、ジュースを買うのを1回分我慢して投資信託を購入してみてはいかがでしょうか。

少額で試しにやってみることで、「自分でもできそうかな」と心境が変化することもあります。

また、不安な理由の多くに「どんなリスクがあるのかわからないから不安」というご意見があります。

投資の代表的なリスクは以下の5つです。

代表的な投資のリスク

株価変動リスク⇒株の価格が上下する可能性。

信用リスク⇒国や企業が投資家から預かったお金や利息を返済する能力がなくなる可能性。

流動性リスク⇒市場で売りたいと思った時に売れないことや、希望価格で売れない可能性。

金利変動リスク⇒金利の変動によって、債券の市場価格が変動する可能性。

為替変動リスク⇒通貨の為替相場の動きにより、外貨建ての円換算による金融商品の価値が変動する可能性。

読者の方
読者の方
やっぱり怖いよ!リスクやばい!

こう思われたかもしれませんが、リスクをできる限りコントロールする方法もありますのでご安心ください。

【お金を増やす力】長期分散投資でリスクと上手に付き合う

前項でご紹介した代表的なリスクは様々な要因で急に発生することも少なくありません。

ですので、いつどんなネガティブイベントが発生しても致命傷を負わないことが大切です。

分散

致命傷を負わないために重要な手段が「長期分散投資」です。

その根拠としては、金融庁の作成したデータでは資産と地域を分散して積立投資を20年行うと、リターンはプラス域に収束することが示されています。

長期分散投資

あくまで過去のデータの1つですが、様々な調査からこの結果は再現性が高く、多くの人にとって最適解と言っても過言ではない運用手法とされています。

もう少し具体的に「分散」を説明すると、以下4つの方法があります。

4種類の分散投資

資産の分散⇒株式・債券・金・REIT(不動産)など投資対象の資産を分散させる

地域の分散⇒米国、日本、欧州、中国など投資対象の地域を分散させる

銘柄の分散⇒米国を代表する500社をカバー、全米の小型~大型株をカバーなど銘柄を分散させる

時間の分散⇒毎月定額で機械的に積立投資を行い、時間を分散させる(ドルコスト平均法)

分散投資

一般的にリスクとリターンは比例する関係にありますので、長期分散投資を意識しながら自分のリスク許容度に応じた投資を選択するように心がけましょう。

リスクとリターン

さらに詳しく投資の方針を知りたい方はこちらをご覧ください。

growth.jpeg

【お金を守る力】知らないことに手を出して資産を減らさない

お金を守る力とは、大事な資産を詐欺や不測の事態で失わないようにすることです。

お金を守るためには「自分で理解できていないことには手を出さない」という考え方が重要です。

代表的な警戒すべき項目は下図の4つです。

お金を守る力

【お金を守る力】注意すべき契約条件と詐欺

友人などから契約書に保証人のサインを依頼されて、安請け合いしないように注意しましょう。

特にヤバイ契約条件は以下の3つです。

これだけは知っておくべき要注意の契約

連帯保証人⇒抗弁権や分別の利益がないため、自分が借金を背負うことに近くなる。(保証人と連帯保証人は違う)

根保証⇒決められた期間・限度額までは債務者が追加で借金した時に自動的に保証人にされてしまう。

根抵当⇒借りたお金を返しても抵当から外れずにずっと残ること(貸し手に抵当権が残り続ける)

この契約を友人から相談されたら、迷うことなく断るだけでなく縁を切ってもよいレベルです。

また、投資詐欺も横行していますのでご注意ください。

「うまい儲け話はない」「相手から来る投資話は無視」「知らない投資に手を出さない」と考えておけばほとんどの投資詐欺を回避することができますよ。

投資詐欺

【お金を守る力】金利と手数料は可能な限り最小化する

人生の中で金利や手数料を支払う機会は誰でも1度は経験すると思います。

不要な金利や手数料は可能な限り最小化するように考えましょう。

金利や手数料のチェックポイント

住宅ローン⇒借入金利(利息の返済)も意識して契約する

保険の手数料⇒ネット保険の活用や不要な保証は外す

車のローン⇒車の購入でローンを組まないことがベスト

奨学金⇒利息返済も発生しており貯金に余力があるなら前倒し返済する

リボ払い⇒絶対にしない

住宅ローンを契約中の方は、比較サイトを利用して「自分にとって最安金利のローンに借り換え」を検討する方法が効果的です。

比較サイトの中では人気No.1のモゲチェックがおすすめですよ!

モゲチェックの借り換えサービス特徴

●私たちユーザーは完全無料で利用できる

●現在の契約状況を入力すれば、約30の借り換えメリットが出やすい金融機関と比較できる(ネット銀行にも対応)

●「低金利の金融機関」「審査申込」「書類作成」「契約」まで全て対応してくれる

●毎月レポートが届くので、金利の最新動向を把握できる

●オンライン住宅ローンではシェアNo.1の実績あり

●借り換え実績:利用者は平均350万円を削減できた

●借り換え実績:2021年12月の最安金利0.2%台~

モゲチェック公式サイトのリンクはこちらをどうぞ。

モゲチェック

モゲチェックの注意点

●モゲチェックで「借り入れ可能額診断」と「金融機関への申し込み」を可能ですが、最終的な借り換え可否判断は金融機関なので、モゲチェックで100%契約締結ではありません。

●実店舗がありませんので、確認したい事項がある時は電話orチャットでの対応となります。

守る

【お金を使う力】知らないことに手を出して資産を減らさない

お金を使う力とは、人生を豊かにしたり満足度がUPすることにお金を使うことです。

特に浪費には注意を払いながら、プラスになるものに対して有効に使いましょう。

プラスになる使い方の例を挙げてみます。

チェックポイント

●自己投資(本、学習教材など)

●時間効率を高めるもの(eコマース、時短家電など)

●価値ある体験(旅行・食事)

●子供への投資(子供の習い事、学習資材)

私の場合は「読書」「スタディサプリ(英語)」「グロービス学び放題」を1年前から継続中です。

TOEICや英語の勉強が続かない方にはスタディサプリおすすめですよ。



また、子供の教育費は将来に向けた無限の可能性への投資につながると思います。

実際に労働経済学の世界では教育の投資効果に関する研究が行われており、就学前の教育投資が特に費用対効果も高いというHeckmanらの論文もあります。(Science.1900-1902;2006)

money.jpeg

まとめ

お金にまつわる5つの力と私の体験談をご紹介しました。

お金にまつわる5つの力のポイント

①お金を貯める⇒支出を削減する!(貯蓄率を上げる)

②お金を稼ぐ⇒収入を増やす!(給与UP・転職・投資・副業)

③お金を増やす⇒資産運用などで増やす!(将来設計に合った投資を行う)

④お金を守る⇒資産を減らさない!(詐欺などから守る)

⑤お金を使う⇒価値のある支出をする!(自己投資、経験など)

いきなり全てを変えていくのは難しく感じるかもしれません。

しかし、できることから少しずつ取り組むことで、徐々に習慣化していくと思います。

Twitterではお金の話題や関西のグルメ情報などを随時発信していますので、もしよければご覧ください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

他にはこんな記事を書いていますので是非ご覧ください。

私が行った保険の見直し方法を解説しています。

住宅ローンの解説記事はこちらをご覧ください。

リベ大のオンラインコミュニティ「リベシティ」にご興味のある方はこちらをどうぞ!

日常の水をコスパ高く利用したい方はポット型浄水器がおすすめの理由を解説しています。

貯蓄率UPのノウハウを解説しています。

サラリーマン向けの投資をまとめて解説しています。

書籍で学びたい方は「お金の大学」がとても勉強になります。

本当の自由を手に入れる お金の大学 [ 両@リベ大学長 ]

価格:1,540円
(2020/12/30 12:17時点)
感想(266件)

もし今回の記事を「いいね!」を思っていただけた方は、ポチっとクリック(応援)してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村