株式投資

【資産運用まとめ】会社員におすすめ!お金を増やす手段の特徴を解説

最近は、You Tubeや書籍で「資産運用」や「投資」のカテゴリーも人気が出ており、貯蓄大国の日本も少しずつトレンドが変わってきそうな雰囲気があります。

サラリーマンの方が投資を始めると、こんな悩みが出てくるのではないでしょうか?

会社員の方
会社員の方
投資が気になって仕事に集中できなくなるのは嫌だな~

私も製薬会社に勤務するサラリーマンで、投資を始めた当初は同じ悩みを抱えました。

投資に夢中になって本業が疎かになるのは本末転倒なので、投資とちょうどよい距離感を保ちながら仕事に集中できる手法をご紹介したいと思います。

この記事は、こんな方にオススメです。

投資をこれから開始する方
投資をこれから開始する方
まずは何をやればいいの?
会社員の方
会社員の方
仕事に集中できる投資は何がおすすめ?

結論

サラリーマンの方は非課税枠をまずは利用し、それでも投資余力がある場合は特定口座での投資または不動産投資を検討するとよいと思います。

中長期的な資産形成が目的の場合は、国が用意した制度はメリットが非常に大きいですよ。

これから投資を始める方にオススメの順番

①現金を確保する

②非課税枠を活用する(つみたてNISA、ジュニアNISA、iDeCo、確定拠出年金)

③特定口座でインデックス投資or高配当株投資

④目的次第では個別株にチャレンジ

中長期的に資産形成をする場合は、雪玉を転がして大きくしていくイメージで、時間をかけて複利の効果を生んでいく方法が投資をこれからスタートする方には合っていると思います。

読者の方
読者の方
でもインデックス投資は資産増加の時間がかかる!今の手元資金が増えないよ!

このように感じる場合は、インカムを得られる投資と組み合わせるのもありですね。

ちなみにインカムとは、高配当株(配当金) ・ REIT(配当金)・不動産投資(家賃収入)など、定期的に収入が得られる投資のことです。

高配当株投資はインデックス投資に比べて配当金が課税されるため、投資効率の低下で総合的なリターンは劣後することを覚えておきましょう。

今回のテーマから少しずれますが、不動産投資は物件の見極めが重要です。

基本的に良い物件は自分から探しにいかなければ巡り合いません。セールスマンからの「紹介」「新築ワンルーム」「節税効果」「運用はお任せ」のコンボが来たら基本的に投資価値なしと覚えておけばOKです。

読者の方
読者の方
個別グロース株投資はもっと先にしたらダメなの?

こんなご質問に対して、企業の業績評価を見極められるなら投資しても良いと思います。

成長株(グロース)は、テンバガーと呼ばれるような10倍もしくはもっと伸びる企業を探し当てて投資できると大きなリターンを得られる点が魅力ですね。

ただ、長期視点で伸びる会社を見極める能力や、伸びると分かっていても一時的な短期の値動きが気になって一喜一憂したり、株価チャートが気になって仕方がない状態になる方は本業に支障が出るかもしれません。

メディ太
メディ太
気になって本業の仕事に集中できないよ!

このように、6年前くらいの私は仕事よりも投資に夢中になってしまった時期がありました。

もし私と同じタイプの方は、インデックス投資メインが投資とよい距離感を保てるかもしれません。

では、各項目について解説していきます。

現金を確保する

生活を維持していくために現金は必須で、一定の現金があると平穏な気持ちで生活を過ごすことができます。

何といっても現金の「流動性の高さ」は大きな魅力だと思います。

もう少し現金の役割を細分化していくと、主に以下の3つに大別できます。

①日々の生活に必要な資金

②確実に発生する未来の出費に必要な資金

③投資するための待機資金

「生活費の半年分」+「投資待機資金」を現金で保有し、万が一のことが起こっても慌てず対処できるようにしましょう。

ちなみに、現金比率と投資比率を考える際の有名な指標として「年齢=現金比率」という考え方があります。

20歳=現金20%:投資80%

30歳=現金30%:投資70%

40歳=現金40%:投資60%

こんな感じで、年齢とともに現金比率を挙げていく考え方です。

現金のことをもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください⇒キャッシュポジションの意味とは?現金の役割を総復習!

つみたてNISA

年間40万円を最大20年間非課税で運用できる制度で、「長期・分散・積立」を実現しやすい制度です。

一般NISAとつみたてNISAの違いは以下をご覧ください。

一般NISA新NISAつみたてNISA
年齢20歳以上20歳以上20歳以上
投資期間~2023年2024年~2028年~2042年
投資上限額年間120万円年間20万円(1階)
年間102万円(2階)
年間40万円
非課税期間5年間5年間20年間
対象商品上場株、投信
ETF、REIT
1階:投信、ETF
※規定を満たしたもの
2階:上場株、投信
ETF、REIT
投信、ETF
※規定を満たしたもの

つみたてNISAと一般NSIA(新NISA)は、どちらか一方しか利用できません!

つみたてNISAは、毎月33,333円(年間40万円)をコツコツ積み立て、投資していくケースが多いです。

運用期間を長くしたいという理由で、1月にボーナス積立設定でほぼ上限に近い額を一括投資する方もおられますが、そこは好みの世界です。

つみたてNISAでよく勘違いされるのが、最初に運用開始した年から20年後に全ての運用分の非課税期間が終了するという誤解です。

カウントは1年ずつなので覚えておきましょう。(下図をご参照ください。)

nisa.jpeg

画像の拡大リンク先はこちら

1人1口座開設できますので、パートナーがいる場合は月33,333円(年40万)×2名を20年間運用し、月3~6万円の投資枠が埋まりますね!

つみたてNISAで運用する際の大事なポイントを7つ挙げます。

①手数料が安いものを選ぶ

②長期的(20年)に右肩上がりの可能性がある商品を選ぶ

③リスク分散された商品を選ぶ

④ドルコスト平均法で毎月積み立てる(月33,333円)

⑤購入を設定して口座に資金を入れた後は値動きを見ない

⑥ファンドの運用額が大きいものを選ぶ

⑦オススメ証券口座は楽天証券でカード引き落とし設定(ポイント還元あり)

ちゃんと上記を満たす方法で購入できれば、あとは放置でOKです。

私は「つみたてNISA」×「投資信託」の組み合わせが効率的で良いと考えています。

ETFの場合、分配金が再投資されない分、非課税枠内での投資効率低下が好きではないからです。

読者の方
読者の方
つみたてNISAよりも一般NISAでロールオーバーすればお得じゃないの?

このように思った方がいるかもしれません。

NISA口座での非課税期間は通常5年間ですが、所定の手続きを行うことで保有している有価証券を翌年のNISA枠に移し、非課税期間を最大10年まで延長する「ロールオーバー」という選択肢も確かにあります。(つみたてNISAにはありません)

ロールオーバーは値上がりして時価が120万円を超えていても可能ですが、その年のNISA枠を使い切ってしまうので、一長一短だと思います。

短期的に資金を増やしたい方や、年齢が若くない方なら一般NISAの方がよいケースもあるかもしれませんね。

余談ですが、海外の高配当株で短期的に資金投入を目的に一般NISAを利用される玄人さんもおられます。

配当金受け取りの税金がNISAであれば外国税分の10%で済むため、お得にはなります。

つみたてNISAのことをもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください⇒つみたてNISA体験談!初心者に必須知識とオススメ投資先

ジュニアNISA

お子さんがいる世帯であれば利用価値が高く、特に幼少のお子さんの場合はメリットが大きい制度です。

日本国内に居住する未成年者であれば口座開設可能(親が代理開設OK)で、2023年を最後に制度廃止することが決定してから人気がでました

制度廃止と聞いてこのように思った方がおられませんか?

読者の方
読者の方
制度廃止されるのであれば利用しない方がいいんじゃないの?

実は、ジュニアNISAに関しては「制度廃止が決定したことで、利用する価値が高まった」という珍しい制度です。苦笑

ジュニアNISAの制度

【目的】

ご両親などが子供名義で運用し、教育資金等として利用することを想定し、非課税で運用できる制度

【払い出し規定】

口座名義人である子供が、その年の3月31日に時点で18歳を満たしている年の前年12月31日までは原則として払い出すことができない。

この制度でネックだったのが、18歳まで払い出し制限があり資金拘束されるという点です。

しかし、2023年を最後に制度が廃止されることで、18歳を待たずして払い出し可能なり、利用価値が高まりました。

ジュニアNISAとつみたてNISAの違いは以下の通りです。

ジュニアNISAつみたてNISA
年齢19歳まで20歳以上
投資期間~2023年~2042年
投資上限額年間80万円年間40万円
非課税期間5年間20年間
非課税投資額投信、ETF
上場株、REITなど
投信、ETF
※規定を満たしたもの

2023年の制度終了時点でお子さんが20歳になっていない場合、2024年以降の各年において非課税期間(5年間)の終了した金融商品を「継続管理勘定」に移管(ロールオーバー)することができます。

※「継続管理勘定」とは、ロールオーバー(非課税期間延長)専用の非課税枠です。

引用:楽天証券ホームページより

●継続管理勘定では売却は可能ですが、新規買付は不可です。

●配当金・分配金・売却代金等は、18歳まで*「払出し制限付き課税口座」で管理されます。

「ジュニアNISA」で投資効率を最大化するには「投資信託」との組み合わせが理論上は効率的で良いと思います。

ジュニアNISAを実行しようとするとこんな疑問が出てくるかもしれません。

ジュニアNISA検討中の方
ジュニアNISA検討中の方
80万一括購入か、積立(ドルコスト平均法)のどちらがいいの?

私は年始に一括80万円×2人分を投入するタイプです。

理由は、投資効率を最大化したいと考えているからです。

メディ太
メディ太
子供が幼いので10年以上運用期間があり、最初の数年を毎月分散しても長期視点で考えると、リスクヘッジの恩恵は少ないかな~

このように判断しました。

ただし、リスク許容度や好みの問題でもありますので、不安であれば毎月約66,000円をドルコスト平均法で分割購入もありだと思いますよ。

ジュニアNISAのことをもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください⇒ジュニアNISA制度の仕組みと銘柄選定方法を解説!

iDeCo

iDeCo(イデコ)とは、個人型確定拠出年金という任意で加入できる私的年金制度です。

掛金・運用益・給付を受け取る時に、税制上の優遇措置が受けられるため、老後資金準備に適しています。

iDeCoのメリットは以下の3点です。

特に、掛金が全額所得控除され、運用益が非課税という2つの要素はとっても大きいですね。

iDeCoのメリット

①掛金が全額所得控除

掛金全額が所得控除の対象となり、仮に毎月の掛金が1万円の場合、所得税(10%)、住民税(10%)とすると年間2.4万円、税金が軽減されます。

②運用益が非課税

通常、運用益は約20%の課税になりますが、iDeCoは非課税です。

③受け取り時の控除がある

年金として受け取る場合は「公的年金等控除」、一時金の場合は「退職所得控除」の対象となります。

※現制度上では一時金受取の方がお得になる方の方が多いと思います。

ちなみに口座開設は、SBI銀行のセレクトプランがオススメです。

理由は、eMaxis Slimシリーズなどの低コストな投信がラインナップに揃っているからです。

iDeCoの注意点は以下の通りです。

iDeCoの注意点

①年金形式の受取は雑所得になる

年金で受け取る場合、非課税控除枠が決まっていますが厚生年金も一定額受け取れる会社員は控除枠を超えると思います。

この場合、超過すると「公的年金等に係る雑所得」として計算されてしまうため、iDeCoの年金自体が収入とみなされて、非課税で運用した利益を年金受け取り時の課税で帳消しになる可能性もゼロではありません。

退職所得控除の受け取り方を失敗すると控除が受けられない

iDeCoの一時金受取と会社の退職金は5年の期間を空けなければ退職控除を2回利用することができません。

退職控除2回OKの例)60歳:iDeCo一時金受取⇒65歳:会社の退職金

また、会社の退職金を先に受け取り、後でiDeCo一時金受取をするとiDeCo分の退職控除は受けられません。

退職控除2回NGの例)60歳:会社の退職金⇒65歳:iDeCo一時金受取

先にiDeCoの払い出しを行い、5年後に会社の退職金を受け取る流れを記憶しておきましょう。

③原則60歳までは払い出し不可

iDeCoは60歳まで払い出しが不可になっているため、資金拘束期間が長いというデメリットがあります。

④企業型確定拠出年金のある会社では、利用できないケースが多い

会社の規定でNGにしているケースが多いです。

しかし、制度改正で2022年10月からは利用できるようになりますよ。

【退職所得の計算方法(一時金受取)】

退職所得=(退職金等の収入金額-退職所得控除額)×1/2

※勤続年数が控除額に影響する

【雑所得の計算方法(年金受取)】

雑所得=公的年金等の収入金額-公的年金等控除額

※公的年金と合算すると控除額を超える可能性が高くなる

読者の方
読者の方
iDeCoめんどくせ~!

こう思った方がおられそうですね。笑

個人的には、資金拘束期間・受取り時の注意事項の多さから、つみたてNISAの方が推奨度を高くしています。

税制は変わることがよくありますので、自分が50代になってからの年金受け取りに関する税制情報は必ずチェックしておきましょう。

企業型確定拠出年金

企業が拠出した掛金を個人ごとに運用指図し、運用総額が給付額となる企業年金制度です。

「マッチング拠出」という制度を行っている会社の場合、追加で個人が掛金を拠出することも可能です。(上限額あり)

制度について、ポイントをご紹介します。

企業型確定拠出年金のメリットは以下の3点で、ほぼiDeCoと同じです。

掛金が全額所得控除され、運用益が非課税という2つの要素は会社員にとって大きいですね。

企業型確定拠出年金のメリット

マッチング拠出による掛金が全額所得控除

掛金全額が所得控除の対象となり、仮に毎月の掛金が1万円の場合、所得税(10%)、住民税(10%)とすると年間2.4万円、税金が軽減されます。

②運用益が非課税

通常、運用益は約20%の課税になりますが、企業型確定拠出年金は非課税です。

③受け取り時の控除がある

年金として受け取る場合は「公的年金等控除」、一時金の場合は「退職所得控除」の対象となります。

※現制度上では一時金受取の方がお得になる方の方が多いと思います。

読者の方
読者の方
転職や退職の際はどうなるの?

転職・退職の可能性を考えると、運用した掛金がどうなるか不安という方は、ご安心ください。

確定拠出年金は、年金資産を持ち運び(ポータビリティ)が可能です。(移管の手続きが必要)

それぞれのケースで掛金の上限が違うので、現在の掛金の額がその上限を超えている場合はその額を引き下げる必要があります。

企業型確定拠出年金の注意点は以下の通りです。

基本的にはiDeCoと同様ですが、大きな違いとして投資可能な銘柄が劣悪すぎるケースがあることです。

まともなインデックスファンドが候補にない会社があるようで、その場合は悲惨です・・。

企業型確定拠出年金の注意点

①良い銘柄がない

eMaxis Slimなどの低コストなインデックスファンドが投資商品にないケースが多いです。

その場合、インデックスファンドの目論見書を確認し、「コスト」「指数(MSCI等)」「総資産額」を確認しましょう

年金形式の受取は雑所得になる

年金で受け取る場合、非課税控除枠が決まっていますが厚生年金も一定額受け取れる会社員は控除枠を超えると思います。

この場合、超過すると「公的年金等に係る雑所得」として計算されてしまうため、iDeCoの年金自体が収入とみなされて、非課税で運用した利益を年金受け取り時の課税で帳消しになる可能性もゼロではありません。

退職所得控除の受け取り方を失敗すると控除が受けられない

iDeCoの一時金受取と会社の退職金は5年の期間を空けなければ退職控除を2回利用することができません。

退職控除2回OKの例)60歳:iDeCo一時金受取⇒65歳:会社の退職金

また、会社の退職金を先に受け取り、後でiDeCo一時金受取をするとiDeCo分の退職控除は受けられません。

退職控除2回NGの例)60歳:会社の退職金⇒65歳:iDeCo一時金受取

先にiDeCoの払い出しを行い、5年後に会社の退職金を受け取る流れを記憶しておきましょう。

④原則60歳までは払い出し不可

iDeCoは60歳まで払い出しが不可になっているため、資金拘束期間が長いというデメリットがあります。

【退職所得の計算方法(一時金受取)】

退職所得=(退職金等の収入金額-退職所得控除額)×1/2

※勤続年数が控除額に影響する

【雑所得の計算方法(年金受取)】

雑所得=公的年金等の収入金額-公的年金等控除額

※公的年金と合算すると控除額を超える可能性が高くなる

控除額や制度は、その時々で若干変化するので、受給時期があと数年に迫っている方は、制度と自身の収入額を試算してみましょう!

企業型確定拠出年金のことをもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください⇒企業型確定拠出年金の選び方とオススメ運用方法を解説!

インデックス投資

インデックスファンドへの投資は初心者でも資産形成を狙える投資方法です。

読者の方
読者の方
つみたてNISAやiDeCo等で、すでにインデックス前提の話してたよね?

こういう冷静なツッコミは勘弁してください。笑

改めてご紹介すると、投資信託やETF商品には「インデックス運用」と「アクティブ運用」が存在し、基本的にはインデックス運用に分があると考えられています。

実際に、アクティブ運用はインデックスに勝てないという結果も報告されています。

【インデックス】

ベンチマークになる指数に連動した運用成績を目指します。

●指数例

日経平均(日本)、S&P500(米国)など

●メリット

市場動向に投資するためわかりやすく、運用コストがアクティブ運用より安い

●デメリット

市場動向自体が右肩下がりだと運用益は厳しい

【アクティブ】

ベンチマーク指数を上回る運用成績を目指してファンドマネージャーが運用します。

●メリット

インデックスを上回る収益が得られる可能性がある

●デメリット

インデックスを下回る収益になる可能性があり、運用コストはインデックス運用より高い。(手数料が高い)

手数料はボディーブローのように運用成績に影響しますので、安い手数料の商品を選択することは重要です。

一般的に優良な投資信託・ETF(上場投資信託)は手数料が安価です。

逆に、悪い投資信託やETF(上場投資信託)は手数料が激高です。

高かろう・悪かろうの投資商品は避けましょう!

投資信託の手数料は、ネット証券が圧倒的に安いです。

投資信託の手数料(例)

●大手ネット証券:0.1%台(年)

長期投資では1%の手数料も20万30万の差になりますので、コスト意識が非常に重要です。

ウェルスナビも利用者が増えていますが、1%の手数料を取られています。

自身で購入するよりも高い手数料を支払う代わりに、理論に基づいた運用をしてもらえることで自分で学習する手間や負担を軽減することに、費用対効果があると思うか否かで判断するとよいと思います。

基本的には、仲介が増すほど手数料は増えていくと認識しておきましょう!

読者の方
読者の方
じゃあ何を選べばいいの?

このような疑問をお持ちの方向け、インデックスファンドの例をご紹介します。

あくまで私見で購入する際に候補にしている商品で、必ず利益が出るという保証はなく、購入を推奨する意図はありません。

つみたてNISAを楽天証券で開設している方は、月5万円までポイント還元の恩恵を得られますので、約16,000円/月をインデックス投資+カード支払いをすることで、更にお得になりますよ。

米国インデックスファンド

【投資信託】

●SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド

●eMAXIS Slim米国株式S&P500

●楽天・全米株式インデックス・ファンド

【ETF】

●バンガード・トータル・ストック・マーケット ETF(VTI)

●バンガードS&P500 ETF(VOO)

米国株式市場の主要産業を代表する500社に分散投資を行っている商品が注目されています。(S&P500という指数に連動を目指す)

※この10年はGAFAM(Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoft)がけん引して絶好調でしたが、今後どうなるかは賛否の意見もあります。

全世界インデックスファンド

【投資信託】

●楽天・全世界株式インデックス・ファンド

●eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

●eMAXIS Slim 全世界式(除く日本)

【ETF】

●バンガード・トータル・ワールド・ストック ETF(VT)

全世界(先進国、新興国)へ広く株式分散投資を行います。簡単に言うと今よりも10年、20年先に世界規模では成長していると思うなら購入する商品になります。

※全世界と言っても、実際は約50%程度米国株式が入っていますので、米国ファンドと格段に違う運用成績にはならない確率の方が高いです。

【指数・インデックス運用・アクティブ運用のイメージ図】

investment.jpeg

インデックスファンドとアクティブファンドの運用成績についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください⇒要点解説!金融庁資産運用業高度化プログレスレポート2021

高配当株・REIT

「インカムゲイン」と呼ばれる、保有することで定期的に得られる収入が欲しいという方に向いている投資です。

例)毎月5万円の配当金=元手1500万×利回り4%で達成

高配当株投資は目的が「配当金」であるため、短期的な株価の変動はそこまで気にしなくてもよいので仕事への支障も大きくありません。

インカムゲイン狙いの投資についてポイントをまとめてみました。

【選択する目的】

給与収入以外で定期的な収入源を持ちたい。

給与収入以外で日々の生活費を稼げる手段を持ちたい。

【投資商品例】

●高配当個別株(国内株、米国株)

●米国ETF

●REIT(不動産投資信託)

目的に対する購入方法例】

期待する利回りを満たしつつ、投資商品自体の価値が中長期的に右肩下がりの可能性が低いと判断したタイミングで購入する。

【メリット】

●運用益に比べて配当金の方が読みやすく確実性がある。

●配当金に加えて株自体の値上がり益も得られる可能性がある。

【デメリット】

●減配による利回り低下の懸念がある

●配当金収入以上に株価自体が大幅下落で損失のリスクがある。

高配当株は、期待していた利回り水準を満たしたタイミングで購入する「タイミング投資」になります。

間違って「ドルコスト平均法」で積立しないように注意しましょう!

読者の方
読者の方
国内と米国ではどっちがいいの?

ここまで読んでいただいた方は、このような疑問を持たれたかもしれませんので、メリット・デメリットをご紹介します。

日本高配当株

【メリット】

・税制面で米国株よりも手続きが楽

・決算報告等の経営情報が日本語で理解しやすい

【デメリット】

・米国株と比べると配当維持や増配への意識が低い

・有用な投資信託やETFがないので個別株を選ぶ必要がある

米国高配当株

【メリット】

・株主還元への意識が高い(例J&Jは58年連続増配)

・様々な高配当ETFが販売されている

【デメリット】

・外国税額控除をしないと利益から30%が税金を納める必要がある

国内高配当株投資をする場合は、SBIネオモバイル証券で1株から購入できるため、少額で分散投資が可能という意味で有用です。私も実際に利用し、約30銘柄を保有しています。

米国高配当株に関しては、個別株派とETF派に分かれますが私はETF派(VYM・HDV)です。

この点はそれぞれの好みと購入タイミング次第になります。

国内REITに関しては、コロナショック後の値動きは株式より戻りが鈍かったですが、かなり復活してきています。

REITはメインには投資しにくいなと個人的には感じていますが、有力な選択肢になると思います。

共通して皆さまにお伝えできることは「いつか来る買い場に備えて、投資準備資金を確保しておく」ということだと思います。

高配当株投資のことをもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください

サイドFIRE: 高配当株の始め方と利点・欠点を解説!

恐怖指数とは?VIXの目安と米国高配当ETF買いサイン

個別株

個別株投資をどうしてもやりたいと思う方向けに、必要な知識をご紹介します。

個別株で値上がり益を得たい方は、年単位で伸びる会社を探す視点を持つと良いと私は思います。

ファンダメンタルズ分析で「企業業績」をはじめ、参入障壁や事業の優位性を判断することが大切です。

最低限チェックする項目

●売上高(ボリュームや推移)

●営業利益率(業界平均より高く、増え続けていると尚良し)

●EPS(1株当たり当期純利益=当期純利益÷発行済み株式数)

●営業キャッシュフロー(マイナスは論外)

他に参考となる目安として、レオスキャピタルの藤野さんが語る独自視点をご紹介します。

誰でも可能な投資判断の基準

自分がその会社で働きたいと思うか?という基準は有力な投資基準。

迷った時にはこの軸で判断すると、その感覚は当たることが多い。

日本市場で成長企業を探すコツ

①頑張っている会社を選ぶ

3~5年で結果が出ているかが大事!(売上、利益)

多くの投資家は株価が下がった時に買おうとするが、根本的には右肩上がりのチャートの企業に投資することが重要。

②成長している会社を買う

年率二桁で成長している会社は、翌年も二桁で成長する可能性は80%程度ある。

極論、過去の数字で伸びている会社に軒並み張れば勝てる可能性が出てくる。

ただし、まぐれで株価が上がることもあるので、自力で伸びたか偶然で伸びたかを判断する必要があり、経営者を見る必要がある。

③リスクを取っている会社

リスクを取らないと成長できないが、リスクを取ったからといって必ず成長する訳ではない。

それなりの規模の会社で考える「投資」とは、研究開発費や設備投資を少なくともキャッシュフローと同程度~以上の金額を投資している会社はリスクを取っていると考えられる。

④業種は関係ない

「ヒツジの群れのオオカミ」⇒業種として羊ばかりの企業にオオカミが出てきたら全てエサになる。

つまり、成熟企業の中に成長企業が生まれる可能性は十分あり、その場合に成長企業は最初に過小評価される傾向にある。

株価が何十倍に成長する企業は、そこから発見することが多いので、偏見を持たないことが重要。

⑤四半期決算の変化率を見る

成熟産業の中で成長可能性のある企業を探すには、四半期決算の変化率に注目する。

四半期決算の変化率グラフがククっと立っている時は株価も立っている時が多いので良い。

そこから投資をしても、本当に成熟産業の中で成長が期待できるのであればそこから更に株価は上昇していくので利益はとれる。

機械的に四半期決算の変化率が高い企業を抽出し、そこから「オオカミ化」している可能性のある企業に投資するのはとても良い手法。

個別株の投資判断指標についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください⇒ひふみ投信はナゼ人気?藤野英人さんの思考まとめ解説~レオスキャピタルワークス~

まとめ

本日は、投資をこれから始める会社員の方向けに、何からスタートするか?を解説してみました。

まずは非課税制度を埋めながら、目的に合った投資方法で資産運用に慣れていきましょう。

これから投資を始める方にオススメの順番

①現金を確保する

②非課税枠を活用する(つみたてNISA、ジュニアNISA、iDeCo、確定拠出年金)

③特定口座でインデックス投資or高配当株投資

④目的次第では個別株にチャレンジ

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事を以下にご紹介します。

インデックスファンドの管理手数料・投資先・トラッキングエラーなどを比較一覧表で解説しています。

投資用の資金を増やすためにも、オススメの家計見直し方法を解説しています。

積立と一括に関して詳細は以下記事をご覧ください。

もし今回の記事を「いいね!」を思っていただけた方は、ポチっとクリック(応援)してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村