株式投資

【サイドFIRE】目標の立て方と会社員が達成する方法!FIREとの違い

最近、書籍・Youtube・Twitterで「FIRE(ファイア)」という言葉を目にする機会が増えてきました。

「FIRE」は、経済的自由を達成し早期退職を目指す潮流と考えられており、米国を起点にムーブメントが起こっています。

日本では「両学長」「穂高唯希さん」などが有名ですね。

FIREを達成するシンプルな方法は「収入を増やす・支出を減らす・貯蓄率を上げる・お金を運用する」のサイクルを回し続けることが重要だと私は思います。

このような話を聞くと2パターンのご意見があると思います。

賛成派
賛成派
よし!FIREを目指してみようかな!MRならできるかも!
女性の口コミ
女性の口コミ
FIREなんて一部の凄い人だけの話でしょ?製薬会社の収入では無理無理!

確かに、FIREとなればハードルは高いので非現実的に感じる気持ちもわかります。

それでは、ハードルを1つ下げて「サイドFIRE」という目標設定にすれば実現可能性はぐっと高くなるのではないでしょうか?

「FIRE」「サイドFIRE」の考え方と、製薬会社平均年収を想定して狙える範囲を考えてみたいと思います。

●FIREで重要な点は「経済的に自立し、夢や願望を追求する自由を手に入れること」

●経済的自由の達成目安は「純資産=年間経費×25(年)」

●サイドFIREであれば、製薬会社の方は達成できる可能性がある

●「貯蓄率の把握」「収入を増やす」「支出を減らす」「お金を運用する」の4つが大事

この記事はこんな方にオススメです。

オススメの方
オススメの方
FIREについて知りたい!私にもできる可能性あるの?
オススメの方
オススメの方
サイドFIREって何?それならできるの?

FIREの本質は「自分がどう生きたいか」を自由に決定できること

FIRE(ファイア)とは、経済的自由を達成した上で、早期リタイアをするということです。

Financial Independence and Retire Earlyの頭文字をとって「FIRE」と言われています。

早期リタイアをすることに注目されがちですが、FIREで本当に重要な点は「経済的に自立し、夢や願望を追求する自由を手に入れること」です。

つまり、労働をするかどうかを選択する自由がある状態が大事と言われています。

穂高唯希さんの著書に、非常に重要な言葉が記されています。

 

FIREという概念において重要なことは、なにも億万長者になることが経済的自由ではないということです。

事実、FIREは支出水準がその達成難度を決定的に左右します。経済的自由と聞くと、資産や支出などの経済状況にフォーカスしがちですが、その経済状況を決定づけるのは、生き方です。

つまり、「自分がどう生きたいのか」が、FIREや経済的自由を語る上で決定的に重要です。お金はあくまで手段であって、長期的に人生の原動力であり続けるのは、お金そのものではないのです。

引用:「本気でFIREをめざす人のための資産形成入門」穂高 唯希 著

FIREの目標の立て方と達成するための考え方

FIREの本質を把握できたので、次は経済的自由の達成を図る基準について確認していきましょう。

有名なのが、以下の定義です。

FIRE達成の目安

純資産=年間経費×25(年)

純資産が年間経費(支出額)の25倍あればクリアとなりますので、年間500万円の支出がある方は1億2500万円の純資産があれば経済的自由クリアという試算です。

読者の方
読者の方
それは無理でしょ!?

こう思われたかもしれません。

しかし、以下の2つはともに経済的自由の基準をクリアしていると考えると、考え方が少しは変わりませんか?

経済的自由の基準をクリアした2つのケース

●Aさん:年間支出120万円、純資産3,000万円

●Bさん:年間支出1,200万円、純資産3億円

私がここでお伝えしたいことは、「純資産の大きさだけが重要ではない」ということです。

経済的自由を達成するためには貯蓄率(年間貯蓄額÷手取り年収)が重要です。

FIREを達成するための考え方
①純資産を増やす(本業や副業による収入増)
②年間経費(支出)を減らす(家計見直し、生活水準を過度に上げない)

①+②の積み重ねが、経済的自由達成の成否を分けることになります。

さらに、投資などによる運用で資産形成スピードを加速できれば、達成はより現実的になります。

FIREを考える時には純資産を増やすことに意識を向けがちですが、支出を削減する努力も非常に重要となりますので、意識してみましょう。

FIREとサイドFIREの違い

サイドFIREは「生活費の半分を資産から賄い、不足する生活費分を好きな仕事で稼ぐ」という考え方です。

FIREとサイドFIREの違い

●FIRE⇒年間の支出を全て保有資産から賄える状態

●サイドFIRE⇒年間支出の約半分を保有資産から賄い、不足分を好きな仕事で稼ぐ状態

以下の2パターンを比較すると、サイドFIREの方が実現できそうな気がするのではないでしょうか?

実際に試算額でイメージしてみましょう。

●FIREの場合:年間支出360万円→純資産9,000万円で達成!

●サイドFIREの場合:年間支出360万円→純資産4,500万円+労働収入4,500万円で達成!

読者の方
読者の方
結局働くのであれば、意味ないのでは?
読者の方
読者の方
あまり自由さを感じられないんだけど?

このように思われる方もいつかもしれません。

確かにFIREに比べるとサイドFIREの自由度は劣るかもしれません。

しかし、資産から賄える生活費が半分は確保されていることにより、労働による収入を追い求める心理的負荷は軽減できます。

例えば、サイドFIREが達成できれば、こんな変化が生まれる可能性はあります。

サイドFIREが達成できたことによる仕事に対する考え方の変化
●before:収入を確保するために本当はやりたくない仕事を我慢し続けるしかない生活。
●after:ある程度の収入で十分なので、自分がやりたい仕事・自分が望む環境で労働を選択しやすい。

さらに、サイドFIRE達成の利点として「家族と同居を優先したキャリア形成を描ける」「年収が下がっても自分がチャレンジしたい会社・領域に転職できる」といった判断がしやすくなるかもしれません。

サイドFIREの目標の立て方と達成するための考え方

まずは貯蓄率を把握した後、「収入を増やす」「支出を減らす」「お金を運用する」の3つを継続していくことが大事だと私は考えています。

貯蓄率を把握する方法

「貯蓄率=年間貯蓄額÷手取り年収」の計算式で求めることができます。

源泉徴収票がお手元にある方は、以下の計算方法で算出してみてはいかがでしょうか。

貯蓄率計算方法

①年間貯蓄額を集計する

②住民税の概算を計算→(給与所得控除後の金額ー所得控除の額の合計額)×0.1

③手取り額を計算→支払金額ー源泉徴収税額ー社会保険料等の金額ー住民税

④年間貯蓄率÷手取り金額×100=貯蓄率

筆者の独断と偏見で、貯蓄率のランク表を作成してみました。

●50%以上:超人家計(神です)

●40%以上:超優良家計

●30%以上:優良家計

●20%以上:目指せ優良家計!

●10%以上:見直し項目を検討しましょう!

●0%以上:家計管理を開始しましょう!

貯蓄率の計算や、源泉徴収票の確認方法を知りたい方は下記記事をご覧ください。

●源泉徴収票の知識「社会人1年目の方にもわかる源泉徴収票の見方と応用方法!

収入を増やす

サイドFIREを達成するための元手を増やすという価値観で考えると、今の仕事で成果を上げ続けて昇給・ボーナスUP(インセンティブ)を目指すことが大事です。

自己投資を行い能力を上げる努力をすることや、年収UPの転職にチャレンジする選択肢も人によってはアリだと思います。

仕事で成果を出し続けるような「センスのある人」に関して、書籍から学べる知識を以下記事でご紹介していますので、ご興味があればご覧下さい。

●書籍まとめ記事「仕事ができるとはどういうことか?仕事のセンスを高めるコツと思考法!

支出を減らす

家族構成や生活スタイルによって価値観が異なりますので、「長期的に継続できる範囲の、ちょうどよい生活水準」をまずは見つけることが大事だと思います。

私は自分で一通り経験した結果、「通信費」「保険料」「住居関連費」などの金額の大きな固定支出を優先的に見直しした方が家計支出の改善につながりやすく、良くなった実感を持ちやすいので継続性も出せると感じています。

ただ、これは個人の好みによりますので、Youtubeで様々な管理方法が紹介されているので自分に合った方法を参考にしていただくと良いと思います。

参考までに私の実践した内容を以下ご紹介しますので、ご興味のある方はご覧ください。

●家計簿「エクセルで簡単に家計管理する方法を公開!見える化のコツ

●家計見直し項目「年50万円以上の支出削減可能!貯蓄率を劇的に向上させる方法

お金を運用する

資産を運用することで、資産形成スピードを上げていきましょう。

私は下記イメージで2つの株式投資を行っています。

●インデックス投資:資産最大化を目指す。資産形成のスピードは高配当株投資より早い

●高配当株投資:キャッシュフロー向上を目指す。資産形成スピードはインデックスに劣るが、インカムを得られる。

株式投資は、他にも個別株投資でキャピタルゲイン(値上がり益)を狙う方法であればリスクを取りながら大きなリターンを得られる可能性があり有用とされていますが、私の性格や好みに合わなかったので今は行っていません。(昔はやっていましたが、私には才能がありませんでした。笑)

不動産投資はインカムを得る手段としては有用ですが、私は現在勉強中です。

インデックス投資や高配当株に関して、下記記事に興味がある方はご覧ください。

●高配当株投資「高配当株投資の始め方とおすすめ銘柄!わかりやすい銘柄選定の指標と注意点

●インデックス投資「最初の投資はつみたてNISAがおすすめ!初心者でもわかる仕組みと銘柄選定方法

●投資戦略「つみたてNISAの次に行うべき投資方法!株式投資の選択順を解説

高年収の会社員ならサイドFIRE達成は難しくない

サラリーマンでも、年収800万円前後ある方はサイドFIREは工夫次第で実現可能です。

年収800万円と聞くとハードルが高く感じる方がいるかもしれませんが、これは世帯収入(共働き)でもOKです。

例として、私が勤務する製薬会社の給与水準を参考にご紹介します。

給与水準が高い

30代で年収1,000万円を達成できる業種は大きな魅力だと思います。

日本人の平均年収441万円で、どんなに頑張っても年収が上がりにくい業界もある中、製薬業界で仕事をしていれば平均水準以上は達成できる可能性が高いです。

支出削減が重要であることは前項でご紹介した通りですが、そうは言っても「収入」の大小は資産形成スピードに影響しますので、大事な要素です。

元手が増えると貯蓄額や投資余力も幅が広がるので、収入面の魅力は大きいですね。

年収に対して派手にお金を使い続けると経済的自由は近づいてきません。

生活コストを抑えることができる

福利厚生が手厚いので、保険や住宅の支出は最低限に抑えることが可能です。

●住居費:家賃補助制度のある会社が多い。実際の家賃に対して30%前後の自己負担で済むケースがあり、固定支出が少なくて済む。

●保険:付加給付制度が整備されていれば月の医療費自己負担上限額が数万円で済むケースや、死亡後の遺族に対する補償を制度として用意しているケースがある。この制度の恩恵で、民間保険の補償内容が少なく済み、保険料を安くできる。

製薬会社でも、会社によっては制度が用意されていないこともあります。

家賃補助は、製薬会社内でも部署によって待遇が異なるケースもあります。

このように、制度をうまく活用することで固定費を削減し、浮いたお金を資産形成に回していくことができるのは大きなメリットだと思います。

信用力がある

製薬会社の信用力は大きいので、不動産投資をする場合にも有利です。

不動産を購入する場合、製薬会社の信用力の大きさを改めて実感した人もいるのではないでしょうか。

FIREを達成した方の中には、不動産投資を成功させて家賃収入(インカムゲイン)を得ている方もおられます。

製薬会社の信用力を狙って、不動産セールスマンが巧みに不動産投資を持ちかけてくることが多いので、正しく知識を得て自分の判断で投資をするように心がけましょう。

時間調整がしやすい

MRの目線になりますが、スケジュール管理を自分で調整しやすいので、「自己啓発」「副業」に挑戦しやすい環境だと私は思っています。

自己投資が最大のリターンを生む投資とも言われますので、スケジュール調整しやすい環境は重要です。

私は生活スタイルを昨年から見直し、基本的に就業時間外は仕事をしない生活にチャレンジしています。

1年が経過し、有意義な時間の使い方ができるようになってきたと感じています。

まとめ

本日は「FIRE」と「サイドFIRE」についての概念と、製薬会社であればサイドFIREを達成できる可能性があると私が感じている理由や行動をご紹介しました。

投資は宗教に似ていて、人によって信じる手法や価値観はバラバラなので、1つの参考例として認識してもらえると嬉しいです。

●FIREで重要な点は「経済的に自立し、夢や願望を追求する自由を手に入れること」

●経済的自由の達成目安は「純資産=年間経費×25(年)」

●サイドFIREであれば、製薬会社の方は達成できる可能性がある

●「貯蓄率の把握」「収入を増やす」「支出を減らす」「お金を運用する」の4つが大事

サラリーマンがFIREを目指すモデルとして、「三菱サラリーマンが株式投資でセミリタイア目指してみた」で有名な、穂高唯希さんの書籍がオススメです。


本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

もしよければTwitterのフォローやいいね!をしていただけると嬉しいです。

他のオススメ記事は下記の通りです。

企業型確定拠出年金は老後に向けた資産運用になりますので、運用商品や制度を理解することは大切です。

株式投資をこれから始める方に必要な基礎知識をまとめています。

一流投資家の考え方をまとめました。ご自身の投資方針の参考になりますよ。

もし今回の記事を「いいね!」を思っていただけた方は、ポチっとクリック(応援)してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村