家計見直し

【図解】ねんきん定期便の見方とねんきんネットのログイン方法を解説

毎年、誕生月が近づくと私たちにとって大切なお知らせが届きます。

読者の方
読者の方
あぁ!お店の誕生日クーポン券か!
読者の方
読者の方
誕生日月の割引キャンペーンって嬉しいよね!

それも嬉しいですよね。笑

今回は、将来に向けた大切な情報として「ねんきん定期便」についてご紹介します。

ちゃんと読まずに捨てる方もおられますが、大事な情報が掲載されていますので目を通しておいた方が良いと思います。

この記事では、以下の点についてご紹介します。

この記事でわかること

●ねんきん定期便の確認ポイント

●ねんきん定期便から将来の受給額を試算する方法

●ねんきんネットにログインする手順

ねんきん定期便とは?

年金制度への理解を深めることなどを目的に、年金記録を記載したものが毎年誕生月に届きます。

これまでの加入実績に応じた将来の年金見込額を把握することができる大切な資料になります。

読者の方
読者の方
そんなの届いた記憶がないよ~。

こう思った方は、下記のハガキを見たことがありませんか?

読者の方
読者の方
これか!内容が分からないからすぐに捨てたよ!

このように感じる方が多いかもしれませんが、将来の試算に役立ちますので今回は捨てる前に内容を確認してみましょう!

ねんきん定期便では月別の納付状況が記載されており、稀に「もれ」や「誤り」が発生した場合はここで気付くことができるため、確認しておくことをおすすめします。

ちなみに、節目の年(35歳・45歳・59歳)は封書で全期間の年金記録情報が届きますので必見ですよ。

ねんきん定期便で受給額を確認する方法

ねんきん定期便では、将来の受給額を把握することが可能です。

中身を開くと以下の情報が記載されています。

●50歳以上の方⇒今と同じ条件で60歳まで働いた場合の年金見込み額が記載されています。

●50歳未満の方⇒これまでの納付実績に応じた年金額が記載されています。

50歳未満の方
50歳未満の方
めちゃくちゃ少ないんだけど・・何かの間違いでは!?

こう思った方の感覚はすばらしいです!

50歳未満の場合、今の時点で働くのをやめたと仮定して、もらえる金額が記載されています。

今後も継続して働く場合は、保険料も継続的に納めることになるので、受け取れる年金額はちゃんと増えますのでご安心ください。

50歳未満の方
50歳未満の方
50歳未満の場合、どうやって将来の試算額を計算すればいいの?

この回答としては「①簡易計算を自分で行う」「②ねんきんネットで試算する」の2つがあります。

ここでは簡易計算方法を解説し、ねんきんネットのログイン方法は後述します。

ねんきん定期便を用いた簡易計算方法(50歳未満)

まずは、ねんきん定期便の「これまでの加入実績に応じた年金額」から、(1)と(2)の合計額を確認しましょう。⇒A

次に、計算方法をご紹介します。

 

これから増える金額の簡易計算方法は?

・基礎年金①・・・(60歳ー今の年齢)×1万9,500円

・厚生年金②・・・(退職予定年齢ー今の年齢)×今から退職までの平均年収×0.005481

65歳から受け取る年金の目安は・・・A+①+②

引用:人生100年時代の年金戦略
読者の方
読者の方
0.005481ってどっから出てきたの?

こう思ったかもしれませんが、気にしなくて大丈夫ですよ。

これは年金計算のために国が決定した数字なので、こういうものだと思っておいていただければOKです。笑

読者の方
読者の方
自分で計算とかめんどくせーーーー!!
読者の方
読者の方
今の仕事を続けるかわからないのに、同じ収入の試算っておかしくない?もっと細かく確認する方法はないの?

こう思った方は「ねんきんネット」での試算が良いと思います。

ログイン手順がわからずに断念する方がおられるので、解説しますね。

ねんきんネットへのログイン手順

事前準備

まず初めに、事前準備するものをご紹介します。

事前に準備するもの

①年金定期便(アクセスキー)

②基礎年金番号の控え

※基礎年金番号は、マイナポータルで確認できます。他には、会社の個人情報欄を確認すると把握できる可能性があります。

年金定期便は、誕生日が近くなると郵送で以下のようなハガキが届きます。

記載されているアクセスキーは到着から3ヶ月間のみ有効なので、うっかり期限切れにならないようにしましょう。

過去にログイン済みで、ペパーレス設定をした場合は郵送されません。

ペーパーレス設定の方は電子版で確認できます。

②Googleなどで「ねんきんネット」と検索する

③新規登録をクリック

④有効なアクセスキーありをクリック

アクセスキーは、ねんきん定期便に記載されていますよ。

⑤ユーザIDの発行を申し込む

ここで、ねんきん定期便に記載されているアクセスキーと、事前に確認した基礎年金番号が必要になります。

他にも氏名やパスワード設定など、必要事項を入力していくと登録完了です。

⑥申請受付番号をメモする

⑦登録アドレスに届いたメールに記載されたURLをクリック

⑧手順「④」で設定したパスワードを入力する

⑨ユーザーIDをメモする

⑩ログインする

⑪「将来の年金額を試算する」をクリック

●かんたん試算⇒現在と同じ条件で60歳まで年金に加入した場合の見込み額がわかります。

●詳細な条件で試算⇒今後の就労予定、受給開始年齢の繰り上げ・繰り下げ、納めていなかった年金を追納した場合の効果など、細かく条件を設定して試算することができます。

どちらの試算もグラフでわかりやすく表示されるので、とても便利ですよ。

まとめ

今回は、ねんきん定期便と将来の受給額試算についてご紹介しました。

●ねんきん定期便で月別の納付状況をチェックする

●ねんきん定期便から将来の受給額を簡易試算する

●ねんきんネットにログインする手順

年に1回だけでも確認しておけば知識が蓄積されて、漠然とした将来への不安感が軽減されると思います。

年金についてしっかり学びたい方は以下の書籍がオススメです。


老後資金の試算をする上でも役立ちますので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました!

関連記事は以下をご覧ください。

会社員の方が将来に向けた資産形成をする手段をまとめています。

老後資金に関する調査結果と備え方について解説しています。

もし今回の記事を「いいね!」を思っていただけた方は、ポチっとクリック(応援)してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
にほんブログ村